モバイルルーターで通信量を節約しよう

Pocket

モバイルルーターでお得スマホをヘビーに利用している方で、このような悩みはないでしょうか?

  • YouTubeの閲覧で、月々の通信量制限に引っかかってしまう
  • 自宅のネット回線とスマホの月額利用料が、合計するとかなりの負担
  • 外出先でノートパソコンやタブレットを利用している

このような方は、モバイルルーターを導入することで以下のようなメリットがあります

モバイルルーターのメリット

月々の支払いが抑えられる

例えばdocomoの新料金プランでスマホを利用すると、

カケホーダイ 2,700円
SPモード 300円
パケットパック 5,000円
合計 8,000円

と、月々で8,000円もの負担になってしまいます。

一方でdocomoで通話やメールをしつつ、UQ WiMAX(【WiMAX2+新端末登場!】速度制限ナシ! )のモバイルルーターを利用した場合では、

UQ Flat ツープラス 3,696円
docomo  
カケホーダイ 2,700円
SPモード 300円
合計 6,696円

となり、差し引きで月々1,304円も節約ができるのです。
年間で考えれば、15,000円以上の節約になりますから大きいですよね。

またauユーザーであれば、以下のようなセット割引もあります。

auユーザーなら、スマートフォンの利用料金から毎月934円が割り引かれます。スマートフォンをWiMAX2+と一緒に使うだけで、「LTEの速度制限にかからないようにデータ通信量を抑えられる」、「テザリング時の料金・電池の節約」そして、「利用料の節約」にもなります。

-引用元:価格面でも安心できる最新モバイル回線「WiMAX2+」

通信量制限がない

通常の携帯キャリアでは月々の通信量制限があり、制限を超えると通信速度が低下して使いものになりません。

一方で先ほどご紹介したUQ WiMAX(PCもタブレットも外出先で快適ネット!速度制限ナシは、WiMAXだけ。【WiMAX2+新端末登場!】 )などのモバイルルーターであれば、通信量制限のないプランがあって、通信量を気にせずに利用できるのです。

複数の端末が接続できる

モバイルルーターが通信できる範囲にあれば、複数の端末を接続することが可能です。

デスクトップPC、ノートPC、タブレット等を、一つのモバイルルーター契約でインターネットが使えるというのは、お得感がありますね。

モバイルルーターのデメリット

以上のような多くのメリットがある一方で、デメリットにも注意が必要です。

通信できるエリアが狭い

都市部ならほぼ問題なく繋がりますが、地方に行くと格段にエリアが狭くなります。

ご自身の居住地や行動範囲がエリア内に入っているか、あらかじめ調べておくと良いでしょうね。
サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

また都市部であっても、室内に入ると繋がりにくくなります。

私の経験でも、ビル内にあるカフェではあまり繋がらないという印象でした。

常にモバイルルーター端末を持ち歩かなければならない

通信するためには、スマホに加えてモバイルルーターも持ち歩かなければなりません。

モバイルルーターはそれほどの大きさではないのですが、少しでも荷物を少なくしたい向きにはデメリットですね。

またモバイルルーターの充電も考慮に入れておきたいので、電源タップを増やすなどの工夫が必要です。

まとめ~とりあえず試してみるのもあり

 以上のようにメリット・デメリットともに、実際に利用してみないと分からないというのが正直なところ。

15日間お試しで利用できるTry WiMAXレンタルというサービスもありますので、利用してみてください。

 

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)