二年縛りの契約期間満了まで待ったほうが良い?

Pocket

解約金を払ってでも、格安スマホに乗り換える?

解約金を払ってでも、格安スマホに乗り換える?

「格安SIM・格安スマホに乗り換えると節約になるのはわかるけど、2年縛りの解約金を払うのはちょっと……」

そんな風に思われている方も多いかもしれませんね。
大手キャリアの2年縛り解約金は税込み1万円超の高額なもの。

そんな高額な解約金を払ってでも、格安スマホに乗り換えるメリットってあるのか?
事例を挙げて検討してみましょう。

そもそも2年縛りの解約金とは?

単一の携帯会社で長期にわたってスマホやガラケーを使っていると気がつかない方も多いですが、現在の携帯電話の契約はほとんど2年契約を前提としています。

例えばドコモでスマホを契約すると、ほぼ強制的にカケホーダイプランというものに入りますが、

  • カケホーダイプラン(契約期間なし):4,200円
  • カケホーダイプラン(契約期間2年):2,700円

契約期間なしでは1.5倍以上もの基本料金を払わなければなりません。
したがって、ほぼ全ての方は契約期間2年のプランに入ります。

しかしこの契約期間2年の間に、他の携帯会社に乗り換えるために解約しようとすると、9,500円+消費税の解約金を支払わなければならないのです。

この解約金がかからない時期というのは、契約期間が終了した後の1ヶ月のみ。
その時期に何もしなければ、また再び2年の契約期間がスタートします。
この仕組みに気がつかないで、いつの間にか契約が更新されていたという方も多いのではないでしょうか?

この契約期間の自動更新については以前から批判が多く、見直しが検討されていると聞きます。

このようにユーザーを縛り付ける大手キャリアを捨てて、自由度の高いMVNO(格安SIMや格安スマホを提供している事業者)に乗り換えることを考えてみましょう。

大手キャリアを解約して格安スマホに乗り換えるための費用

2年縛り期間の途中で格安スマホに乗り換え(MNP)する場合には、以下のような費用が発生します(税別)。

解約金 9,500
MNP手数料 2,000~3,000
新規契約手数料 3,000
合計 14,500~15,500

消費税込みでおおむね15,000円以上の費用がかかるわけですから、それ以上のメリットがないと格安スマホに乗り換えるのは損ということになります。

以下で、その他乗り換えのデメリットを見てみましょう。

契約期間途中でMVNOに乗り換えるデメリット

毎月の割引がなくなる

大手キャリアでは、2年縛りの契約期間中に毎月の通信料金から一定額を割引するサービスをやっています。
ドコモでは月々サポート、auでは毎月割と名称は異なりますが、2年間(24ヶ月間)にわたって割引することで、契約を継続すれば安くなりますよというシステム。

契約期間の途中でMVNOへ乗り換えてしまうと、当然のことながらこの毎月の割引がなくなります。

分割購入の場合は、残額を一括払い

大手キャリアでスマホを購入する際には、スマホ本体代金を分割払いにするか、一括払いにするかを選べます。

ここで分割払いにしている方は、2年の契約期間のうちに毎月少しづつ本体代金を通信料金とあわせて支払っていることになります。
契約期間途中で他社に乗り換える時には、この支払っている本体代金の残額を一括で請求されます。
どのくらい契約期間が残っているかにもよるのですが、結構な金額になってしまいますね。

残りの契約期間タイプ別にみた料金シミュレーション

それでは二つのケースを想定して、格安スマホに乗り換えたほうが得かどうかを見てみましょう。
前提条件として、

  • ドコモのiPhone6 64GBを契約中
  • 機種代金は一括払いしたので考慮外
  • 単身者なので、家族割なども考慮外
  • 音声通話は1ヶ月に30分程度
  • mineoのDプラン(ドコモ回線)に乗り換えを検討する

というような感じでやってみましょう。

残り期間が1年のケース

iPhone6の発売と同時に購入した方は、残りの契約期間が一年くらいでしょうか。

ドコモのまま
カケホーダイ 2,700
ISP 300
データ通信(5GB)  5,000
小計 8,000
消費税 640
月々サポート ▲2,592
合計 6,048

月ごとの支払い額は以上の通りで、1年間のトータルコストは72,576円。

mineoに乗り換え
解約金 9,500
MNP手数料 2,000
事務手数料 3,000
小計  14,500
消費税  1,160
合計 15,660

記事前半でも触れましたが、乗り換えにかかる初期費用は15,000円前後です。 
 

通話料 1,200
データ通信(5GB)  2,280
小計 3,480
消費税 278
合計 3,758

 

格安SIMに乗り換えると通話料は別途30秒あたり20円がかかります。
もし通話時間が長いようであれば、通話料がもっと高くなりますが、それを考慮してもかなりお得ではないでしょうか。

1年間のトータルコストは60,756円。

 

残り期間が半年のケース

iPhone6が発売されたと同時に購入して2016年春までそのまま使っていたと想定すると、残りの契約期間は半年くらいでしょうか。

こうしてみるとトータルコスト(半年間)は、

  • ドコモのまま:36,288円
  • mineoに乗り換え:38,208円

となってmineoに乗り換えたほうが損になってしまいます。
このようなケースではドコモの契約を継続して、更新月に乗り換えを検討するほうが良いですね。

まとめ~残りの契約期間が長いほどお得になる

以上簡単なシミュレーションでしたが、おおむね一年以上契約期間が残っていれば、解約金を考慮してもお得に乗り換えができそうですね。

今回シミュレーションしたmineoは、2015年10月末まで大々的にキャンペーンをやっています。
ドコモ回線プランであれば9ヶ月×800円でトータル7,200円の割引が受けられますので、前述のシミュレーションよりさらにお得になりますよ。
期間限定のキャンペーンですから、ぜひ検討してみてくださいね。

mineo公式サイトで詳細をみる

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)