格安スマホと格安SIMは、どのように違うのか

Pocket

最近良く見かける、格安SIM・格安スマホって何?その違いは?

最近良く見かける、格安SIM・格安スマホって何?その違いは?

最近では、新聞や雑誌で格安スマホの特集が組まれることが多いようですね。
それだけ世間一般に格安スマホのことが知られてきて、関心が高い読者が多いということでしょう。

しかし一方で「格安スマホ」「格安SIM」「MVNO」といった用語が分かりにくい、という声も聞かれます。

そこで今回はこれらの用語について、丁寧に解説していきましょう。

格安スマホは、初心者にも優しいオールインワン

格安スマホはどんなもの?

「格安スマホ」と通常呼ばれているものは、格安で通信できるSIMカードとスマホ本体がセット販売されているものです。

知っている方にとっては当たり前のことですが、スマホは本体だけ持っていても携帯回線を使ってインターネット接続することはできません。

スマホには、それぞれ固有のSIMカードが挿してある

スマホには、それぞれ固有のSIMカードが挿してある

上図のように、スマホ本体にSIMカードと呼ばれる小さなカードが挿入されていて、このSIMカードが携帯回線を認識することにより、音声通話やデータ通信を行うことができるのです。
このSIMカードがないとスマホは携帯回線に接続することができないので、携帯電話としては使えないということになります(Wi-Fi環境があればインターネットを使うことはできますが)。

普通ドコモやauなどの大手キャリアでスマホやガラケーを購入する際には、本体とともにキャリア回線に接続するSIMカードを知らず知らずにセット購入しているという仕組みなのです。

したがって格安スマホと呼ばれるものも大手キャリアと同様に、スマホ本体とSIMカードのセットで購入します。

格安スマホのメリット

購入してそのまま使える

後述する格安SIMを利用する場合は、スマホ本体にSIMカードを挿し、さらに初期設定をして使えるようになるまで自分で行う必要があります。
知識かある人にはなんでもない事でも、慣れない初心者の方にとってはハードルが高いですね。

しかし格安スマホはセット販売ということで、APNなどのわずらわしい初期設定を済ませた状態で手元に届きます。

購入してそのまま使えるというのは大手キャリアと同じですから、余計な手間をかけずに済むというメリットがありますね。

家電量販店などでも取り扱っている

ヨドバシカメラなどの家電量販店では、大手キャリアのショップがありその場でスマホを購入することができます。

最近では格安スマホの認知度が高まっているということもあり、大手キャリアと同様に家電量販店で直接販売してくれるところもあります。
例えばMVNO大手のIIJでは「BIC SIMカウンター」を設けていて、ビックカメラの店舗で格安スマホを契約・購入できます。
BIC SIMカウンターのご案内 – BIC SIM powered by IIJ

店舗で購入できるメリットとして、料金プランの検討や初期設定についてスタッフに相談できるということがありますね。

インターネットから購入できる

上記のように格安スマホを購入できる店舗はあるにはあるのですが、大都市圏など一部に限られているのが現状です。

ネット経由であれば自宅からすぐに購入できますし、店舗に出向く手間もかかりません。
わからないことがあっても電話サポートで相談できるため、初心者で不安な方でも安心できますよ。

イオンスマホ

格安スマホで一躍有名になったのは、イオンスマホ iconでしょうか。
全国のイオンでも購入できますが、ネット経由でも購入することができます。

イオンスマホの特徴は、イオンスマホ安心パックと呼ばれるサポート体制が充実していること。
故障や破損時の保証付きで、スマホの操作方法などで困った時も電話でサポートを受けることができます。
このあたりは大手キャリアと同様に、初心者にも優しいサービスですね。

イオン自体が通信サービスを行っているわけではないので、通信回線はIIJやPlaySIMなどの他社との契約となります。

イオンスマホ公式サイト icon

U-mobile

U-mobileは、動画配信サービスで有名なU-NEXTが運営している格安スマホサービスです。

U-mobileでは格安SIM単体も販売しているのですが、今はキャンペーン中で格安スマホセット販売で購入するのが非常にお得になっていますね。

端末はAscend G6というAndroid系ミドルレンジモデルで、本体価格が3万円代前半とリーズナブルです。
このAscend G6を「通話プラス LTE使い放題2」というプランで申し込むことで、最大で6ヶ月間の通信料金が無料という大盤振る舞い。
9月末までの期間限定キャンペーンなので、早めにチェックしてみてください。

格安スマホのデメリット

初心者向けにおすすめできる格安スマホですが、以下のようなデメリットもあるのでご注意ください。

契約できる料金プランが限られている

後述しますが格安SIMでは、自分に適したプランを自由に選択できることで月々の支払いを抑えるというメリットがあります。
しかし格安スマホのセットプランでは、この料金プランが自由に選べないというケースが多いようですね。

例えば前述のU-mobileでSIMカード単体を購入すると、データ通信のみのプランを選択することで月々790円(税別)~という格安での契約が可能です。

しかしU-mobileでスマホセットで購入すると、現在のところデータ通信プランは選べず、やや割高な音声通話付きプランのみ選択できるという状況です。

音声通話プランでは最低利用期間が設けられているなど、やや自由度に欠けるきらいがあります。
したがってデータ通信のみで使いたいという方にとっては、格安スマホセット販売はあまりオススメできないですね。

購入できるスマホ端末の種類も限られている

格安スマホのセット販売では、MVNO事業者によって取り扱っている機種は異なります。
ただほぼ100%Android端末のみで、それほどバラエティがあるというわけではないようです。

比較的多いのはASUSのZenFoneやソニーモバイルのXperiaなど。
ドコモなどで販売されている機種ではなく、もともとSIMフリースマホとして発売されたものが中心です。

また人気のiPhoneはセット販売されていないため、もしiPhoneを使いたいのであれば後述する格安SIMに加えて、別途iPhoneを購入する必要があります。

ただし現在(2015年8月17日)、DMMモバイルではiPhone6とのセット販売を行っているようです。
これは新品ではなく、未開封の新古品と抱き合わせという形をとっているようですが。

DMMモバイル公式サイト

 

全体としてまとめるならば、スマホ初心者や面倒な手間をかけたくない方にとっては、格安スマホセットは良い選択肢だと思います。

一方で自由にプランや端末を選んでみたいという方には、以下の格安SIMのみを契約するほうが良いでしょうね。

格安SIMは、自由に組み合わせ可能

格安スマホに続いて、格安SIMについて見ていきましょう。

前半部分でも少し触れましたが、「格安SIM」と呼ばれるものはSIMカード単体で契約・販売しているものを指します。

契約するとSIMカードのみを購入することになりますので、別途スマホを用意する必要がありますが、格安スマホセット販売に比べると自由度が高いという特徴があります。

格安SIMのメリット

格安SIMは以下のようなメリットがあります。

スマホの機種を選ぶことができる

セットではなくSIMカードとスマホ本体を別々に購入することになりますので、使いたいスマホを選ぶことができます。

また場合によっては、現在ドコモなどで契約しているスマホ本体をそのまま流用することも可能です。
本体代金を支払わなくて済みますので、導入費用が抑えられるというメリットがあります。

格安SIMを利用できるスマホについては別記事→「格安SIMでは、どのようなスマホが使えるのか?」に詳しく書いてありますので、ご参考までに。

料金プランも自由に選べるので、格安での運用が可能

格安SIMを契約する際には、「データ通信専用SIM」と「音声通話付きSIM」の二種類から選ぶ必要があります。

 

SIMカードは機能別に三種類ある

SIMカードは機能別に三種類ある

データ通信専用SIMとは、LTEなどの携帯回線を通じてインターネット接続を行うためのもので、通常の大手キャリアスマホのように音声通話をすることはできません。
ウェブ閲覧やメールの機能に特化しているぶん、月々の支払いが比較的低額で済むというメリットがあります。
データ通信専用SIMの中でも、さらにSMS機能があるものと無いものに分類されますが、今回の記事では詳細を省かせてもらいますね。

一方で音声通話付きSIMは、名前のとおりデータ通信と音声通話共に行える機能があります。
基本料金はやや高めで、さらに音声通話30秒あたり20円程度の通話料金が別途かかってしまいます。

前述の格安スマホのセット販売では、音声通話付きSIMのみが対象となっているケースが多いようです。
したがって「音声通話は不要だから、なるべく月々の負担を減らしたい」という方には向きません。

一方、格安SIMでは比較的低額なデータ通信専用SIMを選べるので、月々の負担を減らしたい方にはピッタリの契約であると言えますね。

MVNO事業者間の競争が熾烈で、月額費用は低下傾向にある

ここ一年ほどで新規に参入するMVNO事業者が増えているため、事業者間のユーザー獲得競争が熾烈です。
データ通信専用プランは月額費用を抑えられるという分かりやすさが人気なので、各社とも金額面でアピールしてきますね。

昨年春くらいまでは、月1GBのプランで月額900円くらいというのが相場でした。

しかしDMM mobile データSIMプラン 1GBが630円という価格破壊を起こしたことで、他社も低価格化が進んでいます。

一例を上げると

  • mineo 500MB → 700円
  • U-mobile 1GB → 790円
  • BB.exciteモバイルLTE 2GB → 770円

というように、容量は少なめでも月額700円程度で高速通信ができるのは嬉しいですね。

今後も競争が激しくなってくれば、さらに低価格化が進むかもしれません。
なるべく月々の費用負担を抑えたい方にとっては、これらのデータ通信専用SIMは良い選択肢となるでしょう。

格安SIMのデメリット

携帯料金が抑えるというメリットがある格安SIMですが、もちろんデメリットもあります。

端末とSIMカードの相性に注意

自由にスマホ本体を選べて使えるというメリットがあるものの、全てのスマホが格安SIMで通信できるというわけではありません。
以下の点に注意しておきましょう。

SIMカードのサイズは三種類ある

下図に示したとおり、SIMカードには三種類のサイズがあります。
スマホの機種によって使えるサイズは異なりますので、要注意ですね。

SIMカードのサイズも三種類

SIMカードのサイズも三種類

一番右側の標準SIMについては、以前からガラケーなどで使われている歴史の長いSIMカードです。
最近のスマホでは高機能化が進んでいるため、標準SIMを採用している機種は少ないですね。
ただし、低価格モデルのSIMフリースマホなどでは使われている場合もあります。

真ん中のMicro SIMは今最も一般的なSIMカードです。
Android端末のほとんどはこのMicro SIMカードではないでしょうか。

左側のnano SIMは、最新のiPhoneなどで採用されてきます。
AndroidでもXperia Z3 Compactなどの新機種で採用されることが増えてきていますから、今後はこのnano SIMカードが主流になるかも。

どの機種がどんなSIMカードを使っているか、例を上げると、

  • iPhone 4、4S → Micro SIM
  • iPhone 5以降 → nano SIM
  • ZenFone 2 → Micro SIM
  • Galaxy S6シリーズ → nano SIM

というように、人気機種でもバラつきがありますね。

格安SIMを申し込む際には、使おうとしているスマホの機種に対応したサイズのSIMカードを選びましょう。
もし間違えてもサイズの交換ができますが、一定の手数料を取られることが多いようです。

MVNO事業者によっては、対応機種が異なる

SIMカードのサイズが一致していても、スマホの機種によっては格安SIMで通信できない場合もあります。
MVNO事業者ごとに、実際に動作するかを確認しているスマホを使うのが良いでしょう。

各事業者のホームページに「動作確認端末一覧」というページがありますから、申し込む前に確認しておきたいですね。

格安SIMがドコモ系の回線か、au系の回線かによって大きく変わりますが、ドコモ系の一例としてDMMモバイルの動作確認端末一覧を見てみると、

  • iPhone 6 SIMフリー版/docomo版
  • iPhone 6 Plus SIMフリー版/docomo版
  • iPhone 5s SIMフリー版/docomo版
  • iPhone 5c SIMフリー版/docomo版
  • iPhone 5 SIMフリー版
  • iPhone 4s SIMフリー版
  • iPhone 4 SIMフリー版
  • iPhone 3GS SIMフリー版
  • iPad mini 3 SIMフリー版
  • iPad Air 2 SIMフリー版
  • iPad mini 2 SIMフリー版/docomo版
  • iPad Air SIMフリー版/docomo版
  • iPad(第4世代) SIMフリー版
  • iPad mini SIMフリー版
  • iPad(第3世代) SIMフリー版
  • iPad 2 SIMフリー版
  • iPad(第1世代) SIMフリー版
  • onetouch idol ULTRA 6033M
  • ZenFone 5 LTE A500KL
  • Memo Pad 7 ME572CL
  • ASUS Fonepad 7 LTE ME372CL
  • Fonepad Note 6
  • Fonepad 7
  • Fonepad 7 (2013)
  • Fonepad ME371MG
  • PadFone 2
  • Nexus 7
  • FleaPhone CP-F03a
  • FleaPhone CP-D02
  • Venue 8 Pro
  • Venue 11 Pro
  • Nexus 9
  • Ascend G620S
  • Ascend Mate7
  • Ascend P7
  • Ascend G6
  • Ascend D2 HW-03E
  • Ascend HW-01E
  • MediaPad T1 8.0
  • MediaPad 7 X1 7.0
  • MediaPad M1 8.0
  • MediaPad 7 Lite
  • YOGA Tablet 2 8
  • YOGA Tablet 2 10
  • YOGA Tablet 8
  • G2 mini
  • Nexus 5
  • Nexus 4
  • Optimus it L-05E
  • Optimus LIFE L-02E
  • Optimus G L-01E
  • Optimus bright L-07C
  • Optimus Vu L-06D
  • Optimus it L-05D
  • PRADA phone by LG L-02D
  • Optimus LTE L-01D
  • Optimus chat L-04C
  • Optimus Pad L-06C
  • L-03D
  • L-02C
  • L-05A
  • L-02A
  • Nexus 6
  • MEDIAS X N-06E
  • MEDIAS W N-05E
  • MEDIAS X N-04E
  • MEDIAS NE-202
  • MEDIAS U N-02E
  • Disney Mobile on docomo N-03E
  • MEDIAS PP N-01D
  • MEDIAS NEC-102
  • MEDIAS X N-07D
  • MEDIAS ES N-05D
  • MEDIAS LTE N-04D
  • MEDIAS WP N-06C
  • MEDIAS N-04C
  • MEDIAS TAB N-06D
  • LaVie Tab S
  • PolaSma
  • GALAXY S5 SC-04F
  • GALAXY Note 3 SC-01F
  • GALAXY S4 SC-04E
  • GALAXY S Ⅲα SC-03E
  • GALAXY Note Ⅱ SC-02E
  • GALAXY Note SC-05D
  • GALAXY S Ⅲ SC-06D
  • GALAXY NEXUS SC-04D
  • GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D
  • GALAXY S Ⅱ SC-02C
  • GALAXY S SC-02B
  • GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E
  • GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab SC-01C
  • AQUOS ZETA SH-04F
  • AQUOS PHONE si SH-07E
  • AQUOS PHONE ZETA SH-06E
  • AQUOS PHONE EX SH-04E
  • AQUOS PHONE ZETA SH-02E
  • AQUOS PHONE si SH-01E
  • AQUOS PHONE sv SH-10D
  • AQUOS PHONE st SH-07D
  • AQUOS PHONE slider SH-02D
  • AQUOS PHONE ZETA SH-09D
  • AQUOS PHONE SH-06D
  • AQUOS PHONE SH-01D
  • AQUOS PHONE f SH-13C
  • AQUOS PHONE SH-12C
  • LYNX 3D SH-03C
  • LYNX SH-10B
  • AQUOS PAD SH-08E
  • Sony Tablet P
  • Sony Tablet S
  • StarQ Q5001
  • FT351
  • GS03
  • Xperia Z3 Compact SO-02G
  • Xperia Z2 SO-03F
  • Xperia A2 SO-04F
  • Xperia Z1 f SO-02F
  • Xperia A SO-04E
  • Xperia Z SO-02E
  • Xperia AX SO-01E
  • Xperia SX SO-05D
  • Xperia GX SO-04D
  • Xperia NX SO-02D
  • Xperia PLAY SO-01D
  • Xperia acro HD SO-03D
  • Xperia ray SO-03C
  • Xperia acro SO-02C
  • Xperia arc SO-01C
  • Sony Ericsson mini S51SE
  • Xperia SO-01B
  • Xperia Tablet Z SO-03E
  • LUMIX CM1
  • ELUGA P P-03E
  • ELUGA X P-02E
  • ELUGA power P-07D
  • P-04D
  • P-02D
  • ELUGA V P-06D
  • P-01D
  • P-07C
  • ELUGA Live P-08D
  • TOUGHPAD FZ-E1
  • TOUGHPAD FZ-X1
  • VAIO Phone VA-10J
  • IDEOS
  • ARROWS M01
  • ARROWS NX F-01F
  • ARROWS NX F-06E
  • ARROWS Kiss F-03E
  • ARROWS X F-02E
  • ARROWS Me F-11D
  • らくらくスマートフォン F-12D
  • ARROWS V F-04E
  • Disney mobaile on docomo F-08D
  • REGZA Phone T-02D
  • ARROWS μ F-07D
  • F-03D Girls’
  • F-09D ANTEPRIMA
  • ARROWS X F-10D
  • ARROWS X LTE F-05D
  • F-12C
  • ARROWS Tab F-05E
  • ARROWS Tab LTE F-01D
  • REGZA Phone T-01C
  • TORQUE SKT01
  • PlayStation Vita PCH-1100
  • VAIO Zシリーズ 無線WAN(LTE)搭載モデル
  • VAIO type Z ワイヤレス WAN(FOMA)搭載モデル
  • MEDIAS TAB UL N-08D
  • ElitePad 900 for DOCOMO ※
  • freetel XM
  • freetel priori
  • ZenFone2 ZE551ML
  • P8lite ALE-L02
  • LTEモバイルルータ(NI-760S)
  • L-03E
  • L-04D
  • L-09C
  • Surface3(4G LTE)
  • AtermMR03LN AB
  • AtermMR03LN
  • AtermMR02LN
  • AtermMR01LN
  • Polaroid Smart Phone LINEAGE
  • Galaxy S6 SC-05G
  • Galaxy S6 edge SC-04G
  • Gear S
  • MF98N
  • MADOSMA Q501
  • Pocket WiFi LTE (GL06P)
  • Pocket WiFi LTE (GL04P)
  • Pocket WiFi (GP02)
  • Pocket WiFi (GP01)
  • Pocket WiFi S (S31HW)
  • S301
  • g01
  • g02
  • g03
  • BF-01D
  • モバイルWi-Fiルータ HW-01C
  • モバイルWi-Fiルータ BF-01B
  • 光ポータブル LTE PWR-N1000
  • 光ポータブル LTE PWR-Q200
  • 光ポータブル LTE PWR-100F
  • HE-WR01
  • FS010W
  • WM340
  • freetel priori2
  • freetel priori2 LTE
  • AQUOS SH-M01

と、かなり古い機種までカバーされているのがわかります。

まとめ~自身の用途に応じて賢い選択を

以上長くなってしまいましたが、スマホを使う方のスキルや目的によって選択するプランは変化します。

当サイトや他の情報をもとに、賢い選択をしてください。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)