イオンスマホ

Pocket

イオンスマホの評判・速度や解約について調べてみました

イオンというとショッピング施設として全国的に有名な存在ですが、最近では格安SIM・格安スマホでも存在感を増しています。

月額料金が480円~という魅力的な価格設定ですが、そのイオンスマホ評判通信速度解約について調べてみました。

実際に私がイオンスマホを使ってみたレビューも含めて、ご紹介しますね。

アンケートの結果、イオンスマホの評判はかなり良い

以前の記事で格安SIM・格安スマホユーザーに向けたアンケート結果をご紹介しましたが、イオンスマホは全体の6%の方が利用していました。
IIJmioやOCNモバイルONEなど老舗MVNOがシェアを占めているなかで、新興MVNOとしてはかなり健闘していると思います。

そのアンケートにおいて募集した、ユーザーの声を一部ご紹介しましょう。

プライベート用に二台目としてイオンスマホを購入しました。
普段はdocomoを利用しているのですが、それと比較しても通信速度などとくに問題はなかったです。
最近は通話してコミュニケーションをとる機会は減り、ほとんどがSNSでやりとりするので大手通信会社でなくても、ほとんど違和感はありません。
機種もSONYの携帯電話Xperiaなので品質も良くて非常に満足しています。

はじめは不安感があると思いますが、一回利用してみれば抵抗感はなくなると思います。
格安の料金プランでこの品質は、最高のコストパフォーマンスだと思います。

とくに便利だと思ったのが海外に行く時だと思いました。

万が一盗難にあってもあきらめもつくので。自分のライフにあった使い方をすれば非常に便利なので、オススメだと思います。

このユーザーさんはデータ通信のみで、月額2,000円台ほどで使えているそうです。

私が実際に使ってみた実感として、他のMVNOと比べてみても通信品質は非常に良いと感じました。
次に測定アプリで通信速度を測ってみた結果をご紹介しますね。

イオンスマホの通信速度は20Mbps超えも~ドコモにも負けないスピード感

イオンスマホの速度を測定した結果

上のスクリーンショット画像は、東京都内で平日午後1時台にスピードテストをした結果です。

ご覧のとおりダウンロード平均で20Mbps超、アップロードでも12Mbpsを超えるスピードを叩き出しました。
これは以前の記事で速度比較を行ったときに、ドコモ本家の出したスピードと遜色ないもの。
格安SIM・格安スマホの速度としては、トップレベルにあると言って良いでしょう。

イオンスマホの解約料はタダ!しかしMNP転出するときの期間・料金には要注意

イオンスマホでは、データ通信プランだけではなく音声通話プランであっても、いつでも無料で解約できます。つまり、

  • 最低利用期間なし
  • 契約解除料なし

ということ。

これは大手キャリアだけではなくMVNOとしても画期的なことですね。
通常のMVNOでは、音声通話プランの場合は一年間の最低利用期間が設定されているのが通常です。
よほど自社の価格やサービスに自信がないと、できないことですね。

ただしイオンスマホから他社にMNPで転出する場合は、以下の点に注意が必要です。

180日以内のMNP転出料は高額になる

普通に解約するだけなら契約解除料は不要なのですが、MNP転出の場合は以下のようなMNP転出手数料が発生します。

  • 契約日から180日以内に転出した場合は、転出手数料として8,000円
  • 181日以降の転出であれば、転出手数料は3,000円

つまり契約してから約半年(180日)のうちにMNP転出してしまうと、高額の手数料がかかってしまうということです。

”契約解除料なし”というキャッチコピーとは別に、このような条件があることに注意しておきたいですね。

ちなみにデータ通信のみの契約であればそもそもMNP転出ができませんので、上記の転出手数料の対象外となります。

イオンスマホのキャンペーンについて

イオンスマホ公式サイトで詳しく見てみる

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)