ドコモiPhone5sユーザーは格安SIMで携帯料金を節約できる

Pocket

約二年前の2013年9月20日、AppleのiPhone 5sが日本でも発売されました。

指紋認証システムによるロック解除などの機能も話題になりましたが、なんといってもNTTドコモが初めてiPhoneシリーズを取り扱うようになったという事実が、インパクト大でしたね。
それまでiPhoneシリーズはソフトバンクとauのみが取り扱ってきましたが、ドコモが参入したことで国内大手キャリアはすべてiPhoneを販売するようになり、現在に至ります。

この時期にiPhone 5sへ乗り換えた方も多いのではないでしょうか?
そろそろ二年が経つというところで新型iPhone 6sが発表されて、機種変更を考えている方もいるかもしれません。

しかし二年前の機種とはいえ、iPhone 5sはまだまだ現役で十分に使えるスマホでもあります。
特に新型iPhone 6sに興味がなければ、今のiPhone 5sを使い続けることで携帯料金を節約したいですね。

そのようなドコモiPhone 5sユーザーに向けた、格安SIM運用のご紹介をしていきましょう。

またこの機会に新しいiPhone 6sに乗り換えたい!という方向けの記事もありますので、参考にしてみてくださいね。

ドコモiPhone 5sはどのくらい費用がかかっていたのか

二年前、iPhone 5s発売と同時に乗り換えた方を想定して二年間のトータルコストを見てみましょう。

本体代金

iPhone 5s 32GBを購入した場合、本体代金として91,200円がかかりました。
本当はさらに消費税(当時は5%)がかかったわけですが、混乱を避けるために以後も税抜で計算します。
またユニバーサルサービス料も省略。

ランニングコスト

タイプXiにねん 743
Xiパケホーダイ for iPhone 5,200
SPモード 300
通話料金(30分) 1,200
月々サポート ▲3,400
合計 4,043

この頃はパケ・ホーダイは7GBの容量がありましたから、ヘビーユーザーにとってはありがたかったですね。
それにしても高いですが。

二年間のトータルコスト 

91,200 + (4,043 × 24) = 188,232
1ヶ月あたり : 188,232 ÷ 24 = 7,843
1ヶ月あたりで換算すると、8,000円ほど。

今後は月々サポート廃止により、さらに維持費が高くなる

月々サポートとは、契約した翌月から24ヶ月間の利用料金から割引するサービスです。
したがってiPhone 5sを発売開始(2013年9月)と同時に購入した方は、2015年10月分からこの割引が無くなってしまいます。
そうすると前述のランニングコスト表から計算し直すと、月額料金が7,443円という高額なものになってしまいます。

こうなってしまう前に、なんとか対策をしておきたいですね。

iPhone5sを使い続けるなら、ドコモ系格安SIMに乗り換えると大幅な節約に

ここでもし最新のiPhone 6sシリーズに機種変更・MNP乗り換えをするのであれば、高額な機種代金が必要になります。
しかし現在使っているiPhone 5sについて特に不満がないという方は、iPhone 5sの利用を継続しながら格安SIMに乗り換えしたほうが維持費を大きく節約することができます。

例えばDMM mobileで、音声通話つきプラン(データ容量7GB)であれば月々の基本料金は2,560円で済みます。
音声通話料金は30秒あたり20円がかかってくるので、通話時間ごとに計算してみましょう。

  通話30分/月 通話1時間/月
通話料 1,200 2,400
基本料金 2,560 2,560
合計 3,760 4,960

以上のように1ヶ月あたり1時間の通話をするとしても、合計5,000円程度の維持費で済んでしまいます。
データ容量はたっぷり7GB使えますから、現行のドコモでデータMパックを契約するよりも多いですね。

ドコモから電話番号をそのままで格安SIMに乗り換えるには、ナンバーポータビリティ(MNP)の手続きをすれば簡単です。
しかしMNPするタイミングについては、以下のような注意すべきポイントがありますよ。

ドコモから格安SIMへMNPするなら、更新月をチェックしよう

2年前にiPhone5sを購入した際には、「タイプXiにねん」という基本プランに加入下かと思います。
このタイプXiにねんは二年間の利用継続を前提として、基本料金を抑えるというプラン。
二年の契約期間の途中で解約すると、9,500円(税抜)という高額な解約金を請求されてしまいます。

この解約金を支払わないためには、契約満了月の翌月(更新月)に解約を行わなければなりません。
このタイミングを逃してしまうと、自動的に契約が更新されてまた新たに二年間の契約期間が始まってしまうという罠があります。

格安SIMへのMNPも解約と一種であるので、この更新月のタイミングを逃さないようにMNPを行いたいものです。

ドコモの更新月を確認する方法

IMG_3488_091515_104411_AM
お客様サポートから「契約内容等のオンライン手続き」→「ご契約内容の確認・変更」

IMG_3489_091515_104438_AM

ネットワーク暗証番号で認証します。

IMG_3490_091515_104341_AM

 

2ページ目の「ご契約プラン」に「契約満了月は~~です」との記載があります。
この契約満了月の翌月が更新月となります。

まとめ~賢く維持費を節約

いかがでしたでしょうか?

新しいiPhone 6sが発売されると飛びつきたくなるのが人情ですが、高額な携帯料金を払い続けることになります。
まだまだ現役で使えるiPhone5sを格安SIMで運用して、賢く節約したいものですね。

当サイトでは、テーマ別のお得な格安SIMのご紹介をしています。


ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)