DTI SIM

Pocket

2015年末からの「6ヶ月間無料キャンペーン」で一気に有名MVNOとなった、DTI SIMのご紹介です。

DTI SIMとは?

DTI SIMは、インターネット通信サービスを手がける株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が手がける格安SIMサービスです。株式会社ドリーム・トレイン・インターネットはフリービット株式会社(東証マザーズ上場)の100%子会社ですね。

もともとDTIではServermanSIMという格安SIMサービスを展開していて、低速ながら月額600円台というリーズナブルな価格で提供していました。当サイト管理人も使っていたことがあります。
しかしDMM mobileなど低価格かつ高速通信プランを提供するMVNOが増えてきたこともあり、ServermanSIMは新規取り扱いを終了(その後トーンモバイル株式会社に移管)。
そして改めて業界最安値をうたった格安SIMサービスDTI SIMが2015年9月からスタートしたのです。

DTI SIMの料金プランはDMM mobileより安いものもある

  1GB 3GB 5GB 10GB
データ専用 600 840 1,220 2,200
データ+SMS 750 990 1,370 2,350
音声通話付き 1,200 1,490 1,920 2,900

同様に業界最安値をうたっているDMM mobileとの比較で、オレンジ色で示したプランはDTI SIMの方が安いです。
最も一般的なプランである3GBプランでは、全てDTI SIMの方が安いですね。
とにかく通信料金を抑えたいという方にとっては、両社とも有力な候補になるでしょう。

DTI SIMはかなり速度が速いという評判

DTI SIMはドコモ回線を利用したMVNOなので、地方などでもほとんど繋がりにくいということはないでしょう。
6ヶ月間無料キャンペーンによりユ急速に増加しているDTI SIMのユーザー数。
格安SIMの特性としてユーザー数が増えると通信が混雑して繋がりにくくなってしまうという点がありますが、DTI SIMの場合は比較的速度がでているようですね。

混雑時で3Mbps以上、空いてる時に10Mbps以上出ていて、ストレスを感じません。

-引用元:価格.com – DTIの格安SIMカードの評判・利用レポート

サイト管理人も使ってみましたが、上記のレビューとほぼ同様にストレスなく通信できています。
もともとDTIはインターネット通信サービスを手がけている会社ですから、通信環境は良いのではないでしょうか。

一部で「DTI SIMは遅い」という評判も見かけますが、おそらく通常のドコモ回線との比較をしているのでは?さすがに格安SIMですから、大手キャリアと比べるのは酷という気がしますね。

DTI SIMの設定はAndroid・iPhoneともに簡単

DTI SIMをスマホに挿したら、初期設定をする必要があります。ただAndroid。iPhoneともに簡単なのでご安心を。

Androidの場合

Androidのバージョン違いよって多少異なるのですが、おおむねホーム画面から「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と移動して、以下の新しいAPN設定を追加するだけです。

名前 任意
APN  dti.jp
ユーザー名 dti
パスワード dti
認証タイプ CHAP または PAP
PDPタイプ IP
ダイヤル番号 *99***1#

後段の二つ(PDPタイプ・ダイヤル番号)は、必要がある場合のみ入力してください。

iPhoneの場合

DTI SIMは最新のiPhone 6sにも対応しています。SIMフリー版だけではなくドコモ版のiPhone 6sも動作確認済という点は嬉しいところですね。
iPhoneにDTI SIMを挿したら、DTI SIM公式サイトより構成プロファイルというものをダウンロードしてください。そうすれば、自動的にDTI SIMで通信できる設定がなされます。

DTI SIMは無料キャンペーン期間中でも解約が可能

6ヶ月間無料キャンペーンでDTI SIMを契約した方も多いと思いますが、この無料期間内であっても解約することは可能です。ただ無料期間は以下のようにSIMカードの種類により異なります。

プラン名 無料期間
DTI SIM データプラン 3GB
DTI SIM データSMSプラン 3GB
6ヶ月
DTI SIM 音声プラン 3GB 2ヶ月

注意したいのが音声プランにおける解約金の取り扱いです。
2ヶ月の無料期間のうちは解約しても特に費用はかからないのですが、無料期間を過ぎてしまうと、最低利用期間(12ヶ月間)が始まってしまいます。この最低利用期間のうちに解約しようとすると、9,800円という高額な契約解除料が必要になってしまうのです。くれぐれも注意してくださいね。

ちなみに無料期間は契約開始月から6ヶ月(または2ヶ月)です。例えば今月(2月)中に申し込んだ場合は、データプランは7月末まで、音声プランは3月末までが無料期間です。
無料のうちに解約したい方はお忘れなく。


「DTI SIM 半年タダでお試しキャンペーン」公式サイト

DTI SIMのサイズ変更は3,000円かかる

利用しているスマホを買い換えたりすると、場合によってはSIMカードのサイズを変更しなければなりません。
以前はMicroSIMが一般的なサイズでしたが、最近では徐々により小さいnanoSIMが主流になってきています。

このような場合はSIMカードサイズ変更手続きをしますが、通常のMVNOでは2,000円程度の手数料で行われています。
しかしDTI SIMでは新規発行手数料と同様に3,000円がかかってしまいます。これだとどこか他のMVNOに乗り換えるても同じですよね。

このあたりのサービスは是非改善していただきたいところですね。

 

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)