楽天モバイル

Pocket

ネットショッピングで有名な楽天市場など数多くのウェブサービスを運営している、楽天グループが展開している格安SIM・格安スマホが楽天モバイルです。運営母体が大きいということもあり、独自のサービスが充実していますね。
最近では「楽天でんわ5分かけ放題オプション」が始まったため、通話の多い方にも薦められる数少ない格安SIM・格安スマホとなりました。

楽天モバイルの料金プラン

  データSIM 通話SIM 通信速度
SMSなし SMSあり
ベーシックプラン 525円 645円 1,250円 200Kbps
3.1GBプラン 900円 1,020円 1,600円
下り最大
150Mbps
上り最大
50Mbps
5GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
10GBプラン 2,260円 2,380円 2,960円

低容量プランは他社と同等の料金設定で標準的といえますが、大容量の10GBプランは通話SIMでも3,000円未満とかなり割安な設定となっています。
ヘビーユーザーを積極的に取り込もうという意図がうかがえますね。

楽天モバイルに乗り換えるメリット

通話が多くても比較的割安になる

冒頭でもお伝えした「楽天でんわ5分かけ放題オプション」があることにより、通話が多いので格安SIM・格安スマホに乗り換えられない、という方にもおすすめしやすくなりました。
格安SIM・格安スマホのデメリットとして通話が多いと割高になるという点がありますが、この「楽天でんわ5分かけ放題オプション」はそのデメリットを補うものです。

  • 一回あたり5分までの通話が無料になる
  • 5分を超えた部分についても30秒あたり10円と通常の半額程度
  • IP電話ではないから音質がクリア&途切れない

上記のようなメリットが月々850円の追加料金だけで受けられるというのは破格ですね。
計算してみると、月々の通話時間が42分を超える方にとってはかなりおトクになるということが分かりました。

セット販売端末が充実&安い

楽天モバイルではもちろんSIMカード単体での契約もできるのですが、セット販売しているAndroidスマホの種類が充実しているので、ぜひスマホセットでの購入をおすすめします。

例えば人気のASUS ZenFoneシリーズも以下のようにラインナップが揃っていますね。

  • ZenFone 2 Laser
  • ZenFone Selfie
  • ZenFone 2
  • ZenFone 5

この中でも注目は2015年9月に発売されたばかりのZenFone Selfieでしょう。
SNSが普及してから自撮り写真を撮る場面が増えてきていましたが、このZenFone Selfieは自撮り写真に特化した前面カメラが特徴的です。
ASUSの公式ショップでは40,824円とそれなりの価格ですが、楽天モバイルでセット購入すれば一ヶ月あたり1,071円(24回払い)というお得な価格で購入することができますよ。

また楽天モバイルでは時々キャンペーンを行っていて、タイミングを合わせれば相当にお得な価格で端末を購入することができます。
例えば以前のキャンペーンでは、通常45,800円と高額なハイスペックスマホ「honer6 Plus」が半額の23,000円程度で購入できるなど投げ売り状態でした。
母体である楽天市場のキャンペーン期間にあわせて開催されることが多いので、こまめにチェックすればお得にSIMフリースマホを入手することができますよ。

楽天スーパーポイントが貯まる

月々の料金の支払い額について、1%の楽天スーパーポイントが付与されます。
貯まった楽天スーパーポイントは楽天市場のお買い物などで支払い額に充当できますから、ネットショッピングを多く利用している方にありがたい施策ですね。
また通話SIMであれば、さらに通常の楽天市場での買い物に付与される楽天スーパーポイントについても、上乗せされて2%となります。

楽天カードに入会すればかなりおトクに

楽天モバイルを選ぶユーザーは既に楽天カードを持っている方が多いですが、もし持っていないのなら、ぜひ持っていて損はないです。

なぜなら楽天カード入会時にはキャンペーンで楽天スーパーポイントがもらえるのですが、この楽天スーパーポイントでモバイルの月々の料金や、スマホ本体費用を支払うことができるのからです。

楽天カードを使えば楽天モバイルだけでなく、楽天市場でのショッピングなど系列サービスでポイントが上乗せされていきます。

「ポイントがすぐ貰えないんじゃ意味ないよ」と思われるかもしれませんが、最短で2分のカード審査が完了すれば、すぐにポイントが付与されます。
その後、楽天モバイルに行けばすぐに貰ったポイントを使えますよ。
人気の端末本体代金をポイントで支払っても、お釣りが来るくらいです。

楽天モバイルを検討しているのなら、年会費無料の楽天カードをまず作っておきましょう。

年会費無料・楽天カードのキャンペーン情報を見てみる

 

楽天モバイルのデメリット

あえて楽天モバイルのデメリットを挙げるとするならば、家族で乗り換えした場合のメリットがないという点でしょう。

BIGLOBEやIIJmioなどでは、家族で複数のSIMカードをわけ合えて、通信容量もシェアできるというプランがあります。

楽天モバイルではこのような施策がないので、家族で格安SIM・格安スマホに乗り換えたいと考えている方にはあまり向かないのでは?

こんな人に楽天モバイルは向いています

  • 音声通話を毎日している
  • 動画視聴やテザリングで、がっつりデータ通信をする
  • 楽天市場のヘビーユーザーで、楽天スーパーポイントをたくさん貯めたい
  • SIMフリースマホをお得に購入したい

詳しいキャンペーンなどの内容については、下記の公式サイトをご覧ください。

楽天モバイル

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)