IIJ mio

Pocket

数あるMVNO(格安SIM事業者)の中でも、OCNモバイルONEと並んで最もシェアを獲得しているブランドがIIJ mio(みおふぉん)でしょう。
コストパフォーマンスの高さと使い勝手の良さで、当サイトでも一押しのIIJ mioををご紹介します。

IIJ mioの評判はかなり良い-格安スマホ利用者満足度調査でも1位を獲得

IIJ mioは、インターネット接続サービスを手がける株式会社インターネットイニシアティブ(東証一部)が運営している個人向けインターネットサービスです。IIJ mioの格安SIMサービスは2014年3月末から提供開始されていますから、相当に早い時間からスタートしているのですね。
2015年末には利用者が100万人を突破したとのこと。2015年9月のMM総研による市場調査によれば国内でのシェアはOCNモバイルONEに次ぐ2位となっています。

シェアが大きいというのもそれなりに理由があり、IIJ mioは格安SIMサービスにおいて通信速度・価格・サービスのすべてでバランスのとれた高評価を得ています。格安SIM利用者に対する満足度調査でもIIJ mioが1位となっており、7割以上のユーザーが満足しているという結果になりました。

格安スマホサービス別では、IIJ mio利用者の満足度が最も高く70.8%

-引用元:2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査

IIJ mioの魅力はリーズナブルな料金設定はもちろんですが、他にも老舗通信会社ならではのサービス内容があります。

IIJ mioのサービス・使い勝手の良さはダントツ

初速バースト機能で低速時でも快適

通常、MVNOでは料金プランごとにひと月あたりのデータ通信量の上限があり(3GB・5GBなど)、この上限をオーバーしてしまうと通信速度が1,000分の1程度に遅くなってしまいます。
IIJ mioでもこの低速制限は行われているのですが、万が一制限に掛かって低速になったとしても「初速バースト機能」で比較的快適に通信ができます。

これはインターネット通信の読み込みを始める時、一時的に通信量制限を解除して読み込みを速くするというものです。ウェブサイトの閲覧などでは最初の読み込みが遅いと非常にストレスになってしまいますが、この初速バースト機能があることで体感的には低速時でもかなり快適になりますね。
YouTube等の動画サービスではさすがに厳しいですが、文字ベースのウェブサイトやメールチェックであれば問題なくこなせるでしょう。

この初速バースト機能は他にもhi-ho・DMM mobileの二社でサービス提供されています。
ただこの二社はIIJの子会社であったりIIJ mioの回線を借りて運用しているところであったりするため、この初速バースト機能はIIJ mioのみのサービスといって良いでしょう。

3日間の通信量制限が緩やか

MVNOでは通常3日間あたりの通信量に制限を設けていて、その制限をオーバーすると低速(200kbps程度)になってしまいます。

IIJでも、72時間で366MBという通信量制限があります。

しかし他社と異なる点として、月毎の通信量が残っている場合は、この3日間制限がかかることがありません。

例えばミニマムスタートプランでは月毎に3GBの容量が確保されています。
ここで例えば3日間で1GB超の通信量を使ったとしても、この3GBの容量が残っているならば、通信量制限には掛からないということになります。

この通信量制限の緩やかさは、実際に利用する上で非常にアドバンテージとなる施策ですね。

 高速通信/低速通信の切り替えが容易

月毎の通信量を効率よく使うために、必要なときだけ高速通信に切り替えることも容易です。

iOS/Android対応のアプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」で、ワンタッチでの切り替えが可能です。

余った基本容量は翌月まで繰り越しすることもできますから、一時的に多く使いたい時でも安心ですね。

 IIJ mioの料金は月額900円(税別)~の低価格

  ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
データ専用 900 1,520 2,560
データ&SMS 1,040 1,660 2,700
音声通話付き 1,600 2,220 3,260

データ専用で最も容量が少ないミニマムスタートプランであっても、月あたりの容量が3GBもあります。

なおかつ月額料金が税別900円ということですから、コストパフォーマンスはかなり優れていますね。

まとめ~全てのユーザーにお勧めのIIJ mio

いかがでしたでしょうか?

料金面もさることながら、実際のユーザビリティを考えた機能性はさすが最大手といったところ。

初めてMVNOを利用する初心者の方からヘビーユーザーまで、幅広い層にとって利用しやすいのはIIJmioで間違いないところです。

IIJmio公式サイトへ

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)