iPad mini 4とスマホを二台持ちする場合の維持費

Pocket

先日アップしたiPad mini 4についての記事(iPad mini 4のSIMフリー版が既に発売されています。格安SIMでの運用コストは?)は、多くの反響をいただいています。

その記事へのコメントで、スマホとiPad mini 4の二台持ちについてのコメントがありました。
コメントによると、

  • iPadmini(16GB?):イーモバイルで平成26年に契約して、現在は月額料金639円
  • Nexus5:ワイモバイルで今年2月に契約して、月額料金6,571円
  • iPadmini 4(64GB)を購入する予定
  • Nexus5は、そのまま利用する

ということでiPad mini 4を新たに購入して、現在使っているNexus5とともに二台持ちする予定とのことです。

現在利用しているiPadmini(16GB?)はイーモバイルで契約しているようなのですが、月額料金が639円とのこと。
おそらくPocket WiFiのキャンペーン価格だと思われます。
参考記事(外部サイト)→月額580円でEMOBILEの定額データ回線が使える「LTEフラット(キャンペーン3GB)」について | すまコジ
詳細は不明ですが、相当に安い維持費で運用されているようですね。

Nexus5はスマホプランMとのことで基本料金3,980円ですが、現在は6,571円とかなり高額。
おそらく通話料金やオプション料金が加算されています。

以上をまとめると、

iPad mini 639
Nexus5 6,571
合計 7,210

かなり高額な料金を支払っています。
このようなiPad miniとスマホの二台持ちで、料金を下げる方法を考えてみましょう。

ワイモバイルのシェアプランを活用する

既にワイモバイルでNexus5の回線を契約していますから、2台目のiPad mini 4も併せてワイモバイルで運用するとします。

ワイモバイルにはシェアプランというものがあり、スマホ回線に加えてデータ通信SIMを3回線まで追加して容量をシェアすることができます。
追加料金もスマホプランMで490円/月とリーズナブル。

iPad mini 4 490
Nexus5 6,571
合計 7,061

以上のように、現行よりもやや支払い額は安くなりました。
ただデータ容量は3GBのままなので、二台持ちとすると少し物足りないところですね。

ワイモバイルのスーパー誰とでも定額について(追記)

コメント欄でご指摘をいただき、もともとのワイモバイルにスーパー誰とでも定額をオプションとして付ければ、より安くなるのではないかというご指摘をいただきました。
スーパー誰とでも定額は月額1,000円をプラスすることで、国内通話が無制限かけ放題になるというものです。
確かに6,500円超の月額料金のなかで音声通話料金のウェイトが大きいとすれば、スーパー誰とでも定額による料金抑制効果はかなり高そうです。
いただいた情報からは通話料の多寡は想像の域を出ませんが、上記のような可能性があるということをお伝えしておきますね。
(追記終わり)

そこで次に、格安SIMを利用してデータ容量をアップさせてみましょう。

格安SIMを利用すると二台持ちでもお得

現行はワイモバイル回線のNexus5を、格安SIMに乗り換えることを考えます。

ワイモバイルのNexus5は、格安SIMでも使える

Nexus5はAndroidスマホとしては、最も普及している機種ではないでしょうか。
昨年度あたりにワイモバイルで投げ売り状態になっていたので、入手した方も多いかと思います。

このワイモバイルのNexus5ですが、基本的にSIMフリースマホということで他の格安SIMでも問題なく使えます。
ということでワイモバイルからMNPで格安SIMに乗り換え、iPad mini 4とともにシェアで運用するプランを考えてみましょう。

格安SIMのシェアプランが充実してきた

以前は格安SIM・格安スマホでシェアプランというのは、IIJ mioのファミリーシェアプランしか選択肢がありませんでした。
しかし最近ではDMMmobileやBIGLOBEなどでもシェアプランを設定できるようになり、選択の幅が広がっています。

今回はBIGLOBEのシェアSIMプランで計算してみました。

Nexus5をBIGLOBE SIMに乗り換える費用

初期費用

ワイモバイルで2年縛りの途中で解約となると、解約金がかかります。

解約金 9,500
MNP手数料 3,000
契約事務手数料 3,000
小計 15,500
消費税 1,240
合計 16,740

上表には、BIGLOBEに乗り換える際の契約事務手数料も含まれています。

月々の料金

今回はライトSプラン(データ容量6GB)で計算してみました。

基本料金 2,150
通話料金
(90分/月)
1,800
US 2
小計 3,952
消費税 316
合計 4,268

通話料金は通常30秒あたり20円なのですが、BIGLOBEでは専用アプリを使うことで半額になります。

iPad mini 4をBIGLOBE SIMで運用する費用

初期費用
追加手数料 3,000
消費税 240
合計 3,240

iPad mini 4に挿すシェアSIMを追加するための手数料が発生します。

月々の料金
シェアSIM
(データ通信)
200
消費税 16
合計 216

データ通信用のシェアSIMは、月々の基本料金は200円で済みます。
ただし、このデータ通信用のシェアSIMは2015年11月から提供予定となっているため、現在はまだ申し込めません。

現在は音声通話SIM(月額800円)のみ提供されていますので、ご注意を。

iPad mini 4とNexus5の二台持ち費用まとめ

以上の計算で二年間運用したときの総費用をまとめてみると、

初期費用 19,980
Nexus5運用費
(×24)
102,432
iPad mini 4運用費
(×24)
5,184
二年間の総費用 127,596
1ヶ月あたりの費用 5,317

ワイモバイルの解約金などを含めても、1ヶ月あたり5千円台で二台持ち運用をすることができました。
データ容量が3GB→6GBと倍増した上で月額料金も抑えることできたので、まずまずの結果ではないでしょうか?

まとめ

格安SIMでシェアプランをうまく利用すれば、二台持ちでも維持費をリーズナブルにできます。
特に今回ご紹介したBIGLOBEのシェアSIMは最近スタートしたばかりということもあり、競合他社よりもお得な料金設定になっているのでおすすめします。

以下のBIGLOBE SIM公式サイトから詳細を確認してみてください。

BIGLOBE SIM公式サイトで詳細をみる

Pocket

Comments (10)

  1. 2台持ち 2015年9月17日
    • シムフリ 2015年9月17日
      • 2台持ち 2015年9月19日
      • 匿名 2015年9月22日
        • シムフリ 2015年9月22日
  2. 質問者 2015年10月2日
    • 質問者 2015年10月2日
      • シムフリ 2015年10月5日
  3. 匿名 2015年11月12日
    • シムフリ 2015年11月15日

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)