iPhone 6sシリーズはSIMロック解除で、SIMフリーiPhoneになります。だけどメリットはないかも。

Pocket

先日iPhone 6sシリーズ発表とともに、SIMフリー端末と格安SIMで運用する維持費などについて記事を書きました。

この時はApple公式ストアで販売される予定の、SIMフリー版iPhone 6s・iPhone 6s Plusを購入する事を想定してみました。

その後ドコモなど大手携帯会社によるiPhone 6sシリーズ発売の詳細情報が出てきて、SIMロック解除についての対応についても分かってきました。
そこでこの記事では、キャリア版iPhone 6sシリーズをSIMロック解除することを考えてみましょう。

キャリア版iPhone 6sシリーズの周波数帯(Band)対応について

Apple公式サイトの仕様表を一部引用したのが、以下のとおり。

モデルA1688* モデルA1687*
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、27、28、29)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)

-引用元:iPhone 6s – 技術仕様 – Apple(日本)

大手キャリアから発売されるモデルは、3社とも共通。
iPhone 6sがA1688、iPhone 6s PlusがA1687となっています。

Bandも3社の帯域に対応しているため、SIMロック解除すればどの回線でも使えることになりますね(理論上)。

Appleで販売されるSIMフリー版とキャリア版の違いといえば、Band30の有無くらいです。
このBand30はアメリカの一部で利用開始された帯域ですから、日本で使うぶんには関係ないでしょう。

というわけで、

  1. Apple公式ストアでSIMフリー版を購入する
  2. 各キャリアで購入した端末を、SIMロック解除する

どちらの方法でも、SIMフリーiPhone 6sを実現することができます。

キャリア各社のiPhone 6sシリーズSIMロック解除対応~原則として6ヶ月後

大手キャリア3社のSIMロック解除について他のメディアから既に情報が出てきていますが、改めて各社のサポートデスクに聞いてみました。

ドコモ

メールで問い合わせしたところ…

お問い合わせいただきました「SIMロック解除」の件について、ご回答申し上げます。

2015年5月1日からSIMロック解除のガイドラインが改正となり、2015年5月1日以降、新たに発売するiPhone(iPhone 6s・iPhone 6s Plus)については、SIMロック解除の対象となる予定です。

※端末ご購入から6か月間は、SIMロック解除を行うことはできかねます。

SIMロック解除ガイドラインの改正などにつきましては、以下のURLでご案内しておりますので、よろしければご参照ください。

ガイドライン改正に伴うSIMロック解除手続き方法の変更について>https://www.nttdocomo.co.jp/smt/info/notice/pages/150422_00.html

以上の案内がご参考となりましたら幸いでございます。

ということで、原則として購入後6ヶ月後にSIMロック解除ができるとのことでした。

例外的に購入後すぐにSIMロック解除できるケースもあるのですが条件として、

  • 既にその回線でSIMロック解除をしたことがある
  • そのSIMロック解除した日から6ヶ月以上経過した

というものがあり、機種変更でiPhone 6sを購入してなおかつ6ヶ月以上前にSIMロック解除していたという方に限られています。
大手キャリアが本格的にSIMロック解除を始めたのが2015年5月からですから、ほとんど対象になる方はいないでしょうね。

au

auにもメールで問い合わせしてみました。

「iPhone 6/iPhone 6s Plus」は、SIMロック解除の対象となります。

SIMロック解除の詳細は、以下の通りです。

・条件:機種購入日から180日以上経過していること
・受付窓口:au お客さまサポート(手数料無料)/auショップ(手数
料:3,000円(税抜)

SIMロック解除の詳細につきましては、以下URLの弊社WEBページをご参
照ください。

<auホームページ:SIMロック解除のお手続き>
https://cs.kddi.com/support/simcard/unlock/#attention

以上のご案内をお役立ていただければ幸いです。

ということで、おおむね横並びといっていいでしょう。

ソフトバンク

ソフトバンクにもメールで問い合わせしたのですが、現在のところ回答がありません。

ただ公式サイトによると、

2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日等)より181日目以降に可能となります。購入日より180日以内の場合、解除のお手続きをすることができません。

-引用元:ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 

ということで、おおむね他の二社と同様に対応しているようです。
発売されたばかりのiPad mini 4もSIMロック解除の対象となっていることから、iPhone 6sシリーズも問題なくSIMロック解除できそうですね。

6ヶ月後にSIMロック解除するメリットがあるか?

こうなってくると考えるべきは、キャリア版iPhone 6sを購入して6ヶ月後にSIMロック解除するメリットがあるかということです。
キャリア版を購入すると、当然ですが2年縛りの契約が発生します。
またキャリア版iPhone 6sは確かに機種代金の値引きがあるのでSIMフリー版より安価にはなるのですが、機種代金の値引きは二年間をかけて月々の料金からマイナスされる仕組みなので、その間は契約し続けなければ値引きの恩恵を受けることはできません。

以上のコストを考えれば、多少高くともSIMフリー版iPhone 6sを購入して格安SIMを挿して運用するという選択が賢いような気がしますね。
格安SIMを提供している事業者(MVNO)も、新しいiPhone 6sに対応するべくアップデートをしていますので、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)