MNPでキャッシュバック実践記その1:MNP弾仕込み編

Pocket

携帯キャリア間で電話番号をそのままに移動するというのが、ナンバーポータビリティ(MNP)です。

このMNPは各社が顧客獲得にしのぎをけずるために、キャッシュバックを付けたり、毎月の割引額を増やしたりといった施策をとっています。

このキャッシュバックで儲けている人を「携帯乞食」なんて言ったりしますね。

以前はiPhoneなどで高額なキャッシュバックが乱れ飛んでいた状態ですが、総務省が苦言を呈したためか最近はやや落ち着いた感があります。

しかし情報収集をして上手にやると、まだまだ面白いテクニックだと思います。

そこで今回から、MVNOを利用したMNPを実際にやってみた記録をご紹介していきたいと思います。

格安SIMでMNP弾を仕込む

MNPの元となる番号を取得することを、MNP弾といいます。

通常のMNP弾は三大キャリア(docomo・au・ソフトバンク)のものが多いです。
しかし、三大キャリアをMNP弾とすると以下のようなデメリットがあります。

  • 2年縛りがあるため、契約期間途中でMNP解約した時の違約金(約一万円)が高い
  • 頻繁にMNPを行うと、プラックリスト入りして契約が不可能になる

そこで最近注目されているのが、MVNO回線をMNP弾として利用すること。
MVNOの音声通話付き回線であれば、MNPによる転入・転出が可能です。

MVNOの格安SIMであれば、もともとの月額利用料が抑えられているため違約金を支払ったとしても、それほどの費用は発生しません。

またインターネット上で契約などの手続きが行えるというのも、手軽で良いと思います。

ということで、今回はSo-netモバイルLTEを利用してみました。

So-netモバイルLTE(+Talk S2プラン)の契約

公式サイト「So-net モバイル LTE +Talk S2プラン」に行って契約手続きをしてみましょう。

スマホ付きのプランもありますが、今回はSIMのみプランにします。

スクリーンショット_112614_090625_AM

しばらくスクロールしていくと「SIMカードのみ」がありますので、「新規入会」をクリック。

全画面_112614_091158_AM

 

SIMカードサイズを選択するところがありますが、今回はどれでも構わないでしょう。

あとは個人情報やクレジットカード情報を入力すれば、完了です。

今回は11月14日に申し込みをして、20日にSIMカードが届きました。
ほぼ一週間後というところですね。

IMG_2083こんな感じでdocomoのSIMカードです。

今回は実際にスマホに挿入してデータ通信をしてみましたが、通信も速くなかなか優秀でしたよ。
(参考:SH-01Fを格安SIMで利用したときの通信速度

MNP弾としてだけではなく、通常使用するのも十分にアリだと思います。

MNP手続きもネット上で簡単&スピーディー

今回はMNP弾として利用するので、SIMカードが到着したらすぐにMNP手続きを行います。

So-netのマイページにログインして、接続サービスのご利用状況→オプションサービス・コンテンツサービスご利用状況のうちご利用状況の詳細→MNP関連情報と進みます。
そこからさらに「サービス解約」をクリックして、MNP転出の手続きを行いましょう。

スクリーンショット_112614_102420_AM

私の場合、転出手続きをして翌日には上図のようにMNP予約番号が発行されました。
スムーズですね。

MNP予約番号の有効期限は15日間なので、なるべく早めに新しいキャリアへ転出しましょう。

無事に転出したら、SIMカードを下記の返却先に宅配便で送付します。

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
So-net 物流センターSIM返却係

SIMカードを返却し忘れるとトラブルの原因となりますので、要注意です。

どこに転出するか?

So-netモバイルLTEは、docomo系のMVNOです
したがって、MNPでの転出先はauかSoftBankのみとなりますので、ご注意を。

良い案件を探すには、ツイッターで情報収集して携帯ショップに電話で聞くといった地道な作業が必要です。
実際の契約も、お店に行って契約書類を書くなど結構な時間を取られますね。

SoftBankへの転出であれば、以下のようにネット上で受け付けている代理店があります。



おとくケータイ.netお問い合わせフォーム



ソフトバンク携帯・スマホ

時期にもよりますが、いずれの代理店も他の携帯ショップに劣らないキャッシュバック額を提示しているようです。
3月であれば、一台あたり50,000円オーバーもありえます。

他にも、有料コンテンツの強制加入が少ないなどのメリットがあります。

SoftBankへの転出を考えている方であれば、要検討じゃないでしょうか。 

まとめ~MNP初心者にも簡単でリーズナブル

契約からMNPにいたる費用は以下のとおりです。

契約手数料 3,240
月額基本料 1,825
ユニバーサルサービス料 3
プロバイダ料金 216
MNP手数料 2,160
解約金 5,400
合計 12,844

↓実際の請求画面です。
加入月と翌月の二ヶ月にまたがって、支払いを行いました。

2

 

1

ネット上で簡単に手続きが完了して費用も比較的リーズナブルなので、「So-net モバイル LTE +Talk S2プラン」は初心者にも容易なMNP弾だと思いますよ。

シリーズ記事一覧

Pocket

Comments (6)

  1. ごんた 2015年3月17日
  2. ごんた 2015年3月17日
    • シムフリ 2015年3月17日
      • ごんた 2015年3月19日
        • シムフリ 2015年3月21日
  3. 齋藤幹太 2016年1月25日

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)