MNPでキャッシュバック実践記その3:端末購入編

Pocket

実際に購入したGRATINAさてさて、実際に携帯ショップで端末を購入するとなりましたので、実際にやってみて分かったことをお伝えしていきます。

まずは店舗へ電話して確認

前回にTwitterで当たりをつけた店舗に電話をして、詳細を確認します。

この時に確認しておきたいものとして、キャッシュバックの条件とキャッシュバック方法があります。

キャッシュバックの条件

たいがいの店舗では、ある一定の条件のもとで一括ゼロ円やキャッシュバックの特典が受けられます。

  • 有料コンテンツやオプションへの加入
  • キャリア提供サービスへの申し込み
  • 他の端末との抱き合わせ販売

主にこのような条件があります。

今回の場合は、

  • EZweb・電話基本パックへの加入(翌月まで)
  • au WALLETへの加入

というわりあい緩やかなもの。

翌月までのサービスも翌月3日には解除できるとのことなので、日割り計算では微々たるものでした。

このような加入条件を満たさないと、キャッシュバックはうけられないので要注意。

キャッシュバックの方法と時期

キャッシュバックの方法にも、現金・商品券・クオカードなどがあります。

今回の店舗では、2ヶ月後に銀行振込みで支払いということなので、わりと良心的かと思いますね。

自分で用意するもの

実際に店舗で契約手続きを行うために、以下の準備が必要です。

本人確認資料

  • 運転免許証 公安委員会発行で有効期限内のもの(国際免許証を除く)
  • 運転経歴証明書 顔写真があるもの
  • パスポート(日本国旅券) 有効期限内のもので、現住所が記載されているもの
  • 身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳 住所の記載のあるもの
  • 特定疾患医療受給者証または特定疾患登録者証+公共料金領収書または住民票 特定疾患医療受給者証:顔写真があるもの
  • 特定疾患登録者証:顔写真があるもの
  • 公共料金領収書または住民票:下記に掲載の[補助書類]ご注意欄をご確認ください。
  • 特別永住者証明書 有効期限内のもの
  • 外国人登録証明書+外国発行パスポート 外国人登録証明書:在留資格を有し、有効期限内のもので、在留期限まで90日以上あるもの。ただし、「短期滞在」「資格なし」の方はお申し込みできません。
  • 外国発行パスポート:在留資格が「特別永住者」の場合は必要ありません。
  • 在留カード+外国発行パスポート 在留カード:有効期限内のもので、在留期限まで90日以上あるもの。住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。
  • 住民基本台帳カード+公共料金領収書またはクレジットカード
  • 健康保険証+公共料金領収書または住民票またはクレジットカード

-引用元:auショップでのau携帯電話お申し込みに必要なもの | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

クレジットカード

原則、クレジットカード払いを条件にしている店舗も多いです。

現在クレジットカードを持っていない場合は、一枚持っておいても損はないですね。

※年会費永久無料※セゾンカードインターナショナルは、最短で即日カード発行されるので、急ぎで欲しい時にもありがたいです。

実際に店舗で手続き

購入する端末は、電話をかけた時に取り置きしてもらいましょう。

混雑する週末にはショップさんも忙しいので、開通手続きに1~2時間かかる場合もあります。

カフェにでも入って気長に待ちたいものですね。

まとめ

事前に連絡することと、必要書類を準備しておくことは忘れがちなものです。

気をつけなければいけませんね。

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)