MNPでキャッシュバック実践記その6:その後の後始末編

Pocket

さて端末売却と平行して、新しく契約した内容についての処理や転出後のSo-netの退会などを行っていきます。

auオプションの解約

MNPでキャッシュバックを得るには、契約条件を満たさなければなりません。

契約する携帯ショップや機種によっても様々な契約条件があります。
今回のGRATINAの場合では、以下のオプションを契約した翌月(12/3)まで維持するというものでした。

  • でんわ基本パック
    (三者通話・迷惑電話撃退・待ちうた・お留守番サービスEX)
  • EZ WIN
  • 安心ケータイサポートプラス

どれも実際に端末を利用していれば使うかもしれないオプションですが、端末を売却して寝かせる回線には必要ないものです。
とっとと解約してしまいましょう。

オプション解約の方法

解約にはauのサイト「auお客様サポート」か、電話をサポートセンターにかけてお願いするという方法があります。
基本的には、電話で手続きするほうが面倒がないと思います。

auお客様サポートを利用する

「auお客さまサポート」ログイン | auお客さまサポート

ログインにはサポートIDとパスワードが必要です。
サポートIDの初期値は回線の電話番号、パスワードは契約書に記載されています。

 ログインして「契約の確認・変更」→「オプションサービスを申し込む」で、それぞれ解約することができます。

ただ、このauお客様サポートのサイトは恐ろしく使いにくいです。
わざわざ使いにくい仕様にして、オプションサービスを解約させないように意図しているのではないかと勘ぐりたくなりますね。
ちなみにEZ WINについてはこのサイトでは解約できないので、auショップか電話での手続きです。

ということで解約に手間を掛けたくない場合、下記の電話での解約をおすすめします。

サポート電話を利用する

auのサポート電話へは、0077-7-111(au端末からは157)をダイヤルすれば繋がります。

週末は電話が混み合って繋がりにくくなりますから、できれば平日の午前中にかけたほうが良いですね。

繋がったら自動応答になり、その後3→1→1とダイヤルすることでオプション解約のオペレーターに繋がります。

本人確認として生年月日やネットワーク暗証番号を聞かれますから、準備をしておきましょう。

発生した料金は?

auオプション料金

auオプション料金

12月3日に解約したため、日割り計算となってほとんど料金は発生しません。

しかもでんわ基本パックは無料キャンペーン中なので、ゼロ円です。

So-netの退会

通常の大手キャリアからMNPした場合、転出後の手続きは特に必要ありません。

ただ今回はSo-netをMNP弾として利用したので、So-netを退会する手続きが必要です。

ただMNP転出してからしばらくは転出手続き中となり、退会手続きもできない状態なのでご注意を。
実際に転出してから2週間~3週間後に、So-net側の手続きが終わるようです。

 ご参考までに、今回のMNPでのSo-netにかかった費用は以下のとおり。

So-net(初月)

So-net(初月)

So-net(二ヶ月目)

So-net(二ヶ月目)

まとめ~手続きは忘れずに

MNPの契約をしてしまうと、なんとなくその後の処理を忘れがちになってしまいますね。

ただ放っておくと、月々の維持費がかさむということにもなりかねません。

面倒臭がらずに、ササッと手続きを済ませてしまいましょう。

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)