白ロム(中古端末)とMVNOを組み合わせて通信量を大幅ダウン

Pocket

白ロム(中古端末)とMVNOを組み合わせて通信量を大幅ダウン

白ロム(中古端末)とMVNOを組み合わせて通信量を大幅ダウン

最近は格安SIM(MVNO)で、スマホの通信料を節約したいというニーズが増えてきたように思います。

MVNO各社でも、SIMと端末の組み合わせで販売するプランが多くあります。
しかしそのようなセット契約できる端末は、一部のSIMフリー端末に限られています。

どうせ使うなら、iPhoneやXperia等の有名なブランド端末にしたいですよね。

そのような場合は、大手キャリアの中古端末、いわゆる白ロムを購入して利用するのがオススメです。

白ロムとは?

白ロムとは前述のとおり、docomo等の大手キャリアで購入されたスマホの中古品です。
中古品というと聞こえが悪いようですが、きちんとした流通経路から購入したものであれば、問題なく使えます。
まったく未使用のまま売却されているケースも多いので、ほぼ新品同様と言えますね。

白ロムは基本的に格安SIMを插入すれば使うことができますが、MVNO会社やキャリアによっても使える・使えないがありますので、注意してください。

また、端末の割賦代金が残っているものは赤ロムと呼ばれ、キャリアによるネットワーク制限がかかっていて使えません。
白ロム購入時には、上記の点にも注意しておきましょう。

基本的にはdocomo端末の白ロムが間違いなし

MVNO各社のほとんどが、docomo回線を利用してサービスを行っています。
したがって、docomoから発売されているスマホであれば、ほぼ問題なく利用できるでしょう。

しかし先の項で書いたとおり、会社ごとに対応している端末が異なっている場合もありますので、あらかじめMVNOの公式サイトで確認しておきましょう。

ちなみにIIJ mioの公式サイトから調べてみると、

今話題の格安SIM。動作確認済み端末チェックできます/IIJmio

例えば、iPhone6のdocomo版は利用できるものの、

※APNの設定に構成プロファイルのインストールが必要です。
※データ専用SIMでは通信の確立に時間が掛かる、またはLTEの接続が不安定になる場合があります。

といった注意事項もありました。

白ロムはどこで購入すべきか

白ロムを入手する方法は多くあります。

ネットであればAmazonやヤフオク等でも購入できます。
しかし前述の赤ロムのような利用できない端末を売りつける悪質な業者もいますので、以下のような信頼性のあるショップでの購入をオススメしますね。

ダイワンテレコム

私自身も購入してことのある、大手ショップです。
こちらは取り扱い端末の豊富さもさることながら、補償サービスもしっかりしています。

例えば万が一購入した端末にネットワーク制限が掛かっていた場合でも、

○ ご購入後無期限:同等商品との交換(同等品在庫の無い場合は購入代金全額ご返金)

ということで、非常に安心できる施策ですね。

公式サイト→最新機種を格安で購入するなら!【ダイワンテレコム】

イオシス

私は購入したことはないのですが、中古携帯端末や中古パソコンの販売で有名なショップです。

ダイワンと同様に取り扱い機種も豊富にありますし、「赤ロム完全保証」を謳っているため、安心して購入できそうですね。

公式サイト→http://iosys.co.jp/

価格.com中古携帯プラザ

ネットショッピングでは知らない人がいないであろう価格.comでも、白ロムを取り扱っています。
さすがの豊富なラインナップと、カスタマーレビューを参考にしながら端末を選べるというのは、価格.comならではというところ。

赤ロム対策についても、

赤ロムって?
まれに前使用者都合で通信ができなくなる端末がありますが、弊社ではそういった赤ロム端末を徹底して排除。
万が一の時は価格.com中古携帯プラザへお問い合わせください。

と記載されていますから、大丈夫そうです。 

まとめ

いかがでしたか?
他にも当サイトではおすすめの白ロム端末や、おトクに利用する方法をお伝えしていきますので、ご参考まで。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)