SIMフリーiPhone6sは格安SIMでお得に運用できる~維持費シミュレーション

Pocket

今日(2015年9月10日)未明に、Appleの新型iPhone「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が発表されました。

内容についてはほぼ予想通りということで、特別なサプライズはなし。
とはいうものの、着実にiPhone 6から進化をしているようですね。

今回も大手三大キャリアから発売される予定ですが、キャリアによる詳細の発表はまだのようです。
しかしAppleが直販するSIMフリー端末は、既に価格などの詳細が発表されていますので、以下でご説明していきましょう。

SIMフリーiPhone 6sとiPhone 6s Plusの発売日

SIMフリーiPhone 6s・iPhone 6s Plusともに、次の日程で発売されることが決まっています。

  • 予約:2015年9月12日16時~
  • 発売:2015年9月25日~

昨年のiPhone 6発売日には、アップルストア前で行列ができて問題になっていました。
中国向けの転売業者が多かったようですね。

今回のiPhone 6s・iPhone 6s Plusでは混乱を避けるため、予約注文のみで対応するとみられています。

SIMフリーiPhone 6sとiPhone 6s Plusの価格

今回発売されるSIMフリー版の税抜き価格は以下のとおり。

  iPhone6s iPhone6s Plus
16GB 86,800 98,800
64GB 98,800 110,800
128GB 110,800 122,800

ストレージ容量は三種類で変化なし。価格も従来のiPhone 6と同じです。

ちなみに旧型となったiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sはそれぞれ値下げされて、購入しやすくなりました。

SIMフリーiPhone 6sとiPhone 6s Plusを格安SIMで運用した場合の維持費

それではSIMフリーのiPhone 6sシリーズを格安SIMで運用した場合の維持費を考えてみましょう。

初期費用

最も人気があると思われるiPhone 6s 64GBモデルを購入して、mineoで運用することを想定します。

本体価格 98,800
mineo初期費用 3,000
小計 101,800
消費税 8,144
合計 109,944

本体価格とmineoの初期費用(契約事務手数料)を加えると、合計で11万円近くとかなり高額になりました。

月額費用

通話料 1,200
データ通信 2,280
US 2
値引き -800
小計 2,682
消費税 214
合計 2,896

通話料は月あたり30分の音声通話をすると想定。
今ならmineoのキャンペーン中なので、月あたり800円の値引きが6ヶ月間あります。

維持費合計

1年間のトータルコストは15万円程度。
本体価格が高額なのが影響していますね。

かなり高いなと思われるかもしれませんが、もし1年前にiPhone 6 64GBを契約している方は、この1年間で同額くらいの費用が発生しているはずです(一括購入として本体価格を含む)。
二年間の維持費を考えれば、SIMフリーiPhone 6sと格安SIMでお得に運用できますね。

mineoのキャンペーン詳細については、当サイトの記事を参考にしてみてください。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)