期待はずれ!携帯各社のSIMロック解除施策に物申す

Pocket

昨年秋頃からさかんに言われていた、スマホのSIMロック解除への取り組み。

総務省による「SIMロック解除に関するガイドライン」により、平成27年5月1日より各携帯会社から発売されている携帯電話端末は、原則としてSIMロック解除を行うことになりました。
これにより、ようやく各社とも重い腰を上げてSIMロック解除の具体的な施策を発表しています。

たしかにSIMロック解除ではあるが...

たしかにSIMロック解除ではあるが…

しかしその解除プランを見てみると、なんとも期待はずれなものばかり。
以下に詳細を見ていきましょう。

docomoのSIMロック解除は、本人以外はダメ

手続き方法や料金

SIMロック解除手続きの方法は、以下の三通りがあります。

  1. インターネット
  2. 電話
  3. ドコモショップ窓口

インターネットからの手続きは無料でできますが、その他の方法では事務手数料3,000円が必要です。

また平成27年5月1日以前に発売されている機種であっても、ドコモショップ窓口で解除受け付けをしてくれるとのこと。

注意点その1:契約者本人以外はダメ

SIMロック解除には、契約者本人であることを証明するもの(免許証など)が必要です。
したがってヤフオクなどで白ロム機を購入した場合では、その端末はSIMロック解除はできないということに。

自由に中古端末を使うことができないというのは、ちょっと不便ですね。

注意点その2:購入した後6ヶ月経過しないとダメ

平成27年5月1日以降に発売された機種については、購入してから6ヶ月間はSIMロック解除することができません。

ご存知のとおりスマホの進化は早く、6ヶ月も経過すればすでに次世代機が発売されています。
わざわざ型落ちとなった端末を、あえてSIMロック解除してまで使うかどうかという疑問が残りますね。

そもそも国内利用では、SIMロック解除をする必要がないのでは?

国内でSIMフリースマホを使う場合は、大概の方はMVNO事業者のSIMを挿れることになります。 
そしてMVNOのSIMは、ほとんどがdocomoの二次売り回線を使っています。

したがって、基本的にdocomoのスマホはそのままの状態でMVNO回線を利用できます。
海外での利用を考えている方以外、docomoのスマホをSIMロック解除するメリットというのは、ほとんどないと言って良いでしょう。

auのSIMロック解除も、ほぼ同様

auについてもdocomoとほぼ同様のSIMロック解除施策をとっています。

インターネットでの受け付けは無料、その他は事務手数料3,000円というのも同じ。

基本的に平成27年5月1日以降に発売される機種のみですが、今月発売のGalaxy S6 edge SCV31も対象となっています。

契約者本人以外はauショップで

docomoと同様に本人確認書類が必要ですが、本人以外が契約した端末であっても受け付けしてくれるそうです。

ただしウェブサイトでの受け付けは、

ご契約中のau契約で購入履歴が確認できるau携帯端末のみ受付可能です。

-引用元:SIMロック解除の開始について | 2015年 | KDDI株式会社

ということなので、購入した白ロム機をロック解除したい場合はauショップに行って3,000円を支払う必要があります。

購入してから180日後以降に受け付け

こちらはdocomoとほぼ同様。

auユーザーは少しメリットあり

auユーザーがMVNOの格安回線を使いたい場合は、mineoかUQモバイルの二者択一でした。
しかしSIMロック解除をすればdocomo回線が使えるようになりますから、当然docomo系のMVNOを利用することも可能になります。

そういった意味では、docomoの施策と比較すれば少しニーズがあるのではないでしょうか。

「とりあえずSIMロック解除やりますよ」という消極姿勢がみえる

ソフトバンクはまだSIMロック解除についての発表はありませんが、他の二社と同様の施策であると予想されます。

今回のSIMロック解除は総務省がガイドラインという形で携帯各社の背中を押して、しぶしぶ各社は応えたという印象。

なんといっても購入してから半年間はSIMロック解除できないという、囲い込みして逃さない姿勢は相変わらずです。

利用する回線を自由に選べる、本当の「SIMフリー」の実現にはまだまだ道のりは長そうですね。

 

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)