格安SIMの通信速度を9種類比較してみた-2016年9月版

Pocket

格安SIMに乗り換えてみたいけど、ブランドが多すぎるので選べない。
こういった悩みを持つ人が多いですね。

格安SIMに乗り換える理由としてはやはり料金が安いということが一番ですが、MVNO各社の競争により価格面ではそれほど差がなくなってきているのも事実です。
差があったとしても月々数百円というところ。

となると選ぶ際のポイントとなってくるのは、

  • 実用に耐えるだけの通信速度があるか?
  • サービスや使い勝手が良いか?

という価格以外の部分になってくるでしょう。

そこで今回は、以下の9つの格安SIMについて速度比較を行いました。

  • イオンモバイル(イオンスマホ)
  • DMMモバイル
  • 楽天モバイル
  • mineo(au回線)
  • mineo(ドコモ回線)
  • ワイモバイル
  • UQ-mobile
  • BIGLOBE SIM
  • IIJmio(みおふぉん)

加えて参考として、NTTドコモ本家の回線速度も測定しています。

格安SIMは通信が混雑する時間帯に通信速度が落ちやすい

今回の測定では昼12時台と16時台の二回、通信速度を測ってみました。

通信速度比較2016年9月

上の図が今回の測定結果(ダウンロードのみ)をグラフにまとめてみたもので、オレンジ色12時台青色16時台となっています。

ご覧のとおりワイモバイル以外のすべての回線で、12時台の方が通信速度が遅くなっていますね。
これはお昼どきにスマホを使うユーザーが一気に増えるため、回線が混雑してしまうからです。

ドコモ本家もそうですが、格安SIMも12時台には非常に通信速度が遅くなります。
逆にワイモバイルのみが何故か12時台のほうが速いという結果に。
もしかしたらワイモバイル側のシステムで、お昼だけ回線を増強する仕組みがあるのかもしれません。

ではそれぞれの時間帯ごとに詳しく見ていきましょう。

12時台はワイモバイルがドコモを圧倒。イオン、DMM、mineo、UQがそれに続く。

12時台スピードテスト集計

混雑する12時台で見てみると、ワイモバイルが圧倒的に速いという結果になりました。
下り・上りともに、ドコモ本家を凌駕しています。

ワイモバイルが速いという理由として、他のMVNOと異なりソフトバンクが直接運営しているサブブランドであるため、通信回線の帯域幅などが非常に有利になっていることが挙げられますね。

その他のMVNOではイオンモバイル、DMMモバイル、mineo、UQ-mobileといったところが健闘しています。

老舗であるIIJmioやBIGLOBEは苦戦するという結果になりました。

ちなみにここで下り・上りと表現しているのは、それぞれダウンロード・アップロードのこと。
スマホでインターネットを使う場合には、主にネット上からデータを読み込むダウンロードの速度が重要視されています。
したがって今回の順位でも、下り(ダウンロード)に重み付けをした値を採用しているのです。

夕方16時台では、どのMVNOも高速通信できる

16時台スピードテスト集計

16時台はそれほど回線が混雑する時間帯ではないので、どのMVNOでも15Mbps超の通信速度が出ています。

一般的に10Mbps程度の通信速度があればサクサク動くと言われていますから、これくらいの速度が出ていれば体感的にはほとんど差がない状態ですね。

12時台では苦戦していたIIJmioやBIGLOBEも高い速度水準で通信できているようです。

総合ランキングでもワイモバイルが圧勝-ドコモ系ではイオンモバイル

2016年9月の総合ランキング

総合ランキングでは混雑する12時台のランキングを重視して、重み付けをしてみました。

以上のように、 

1位 ワイモバイル
2位 イオンモバイル
3位 DMMモバイル
4位 mineo(au回線)
5位 UQ-mobile 
6位 楽天モバイル
mineo(ドコモ回線)
8位 IIJmio 
9位 BIGLOBE SIM

 

という結果となりました。

別格とも言えるワイモバイルを除くと、新興MVNOであるイオンモバイルやDMMモバイル、mineoが健闘しています。

ドコモ回線だけをピックアップすると、

  1. イオンモバイル
  2. DMMモバイル
  3. 楽天モバイル
  4. mineo
  5. IIJmio
  6. BIGLOBE SIM

という順序になり、老舗であるIIJmioやBIGLOBEにとっては厳しい結果になりました。
これは以前からある程度のユーザーシェアを取っているため、回線が混雑すると帯域がすぐに一杯になってしまうという理由があるでしょう。
今後の帯域幅の増強を期待したいところです。

またワイモバイルやイオンモバイルについても、今後ユーザーが増えてきた時にどのくらい速度ダウンが起こるかという点も注目です。

引き続き「半額スマホ~スマホ料金を安くするには格安SIM&格安スマホがおすすめ」では速度比較を行っていきますので、よろしくお願いします。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)