格安SIMでは、どのようなスマホが使えるのか?

Pocket

スマートフォン格安SIMではどんなスマホが使えるの?

スマートフォン格安SIMではどんなスマホが使えるの?

格安SIMを購入する場合には、SIMカードを単品で購入する方が多いようですね。
とりあえず月々の費用負担を抑えてスマホを使いたい、という向きにはピッタリの購入方法だと思います。

ただ、格安SIMはどんなスマホにも挿すことができてそのまま使える、というものではありません。
スマホの機種によっては購入した格安SIMカードに対応していない場合もあります。

以下に格安SIMで利用できるスマホとその特徴についてまとめましたので、参考にしてみてください。

SIMフリースマホ

格安SIMを挿して使うのに最も一般的なスマホは、SIMフリースマホでしょう。
いろいろなメディアで紹介されているSIMフリースマホについて、あらためてご紹介していきますね。

SIMフリースマホってどんなもの?

SIMロックがない

我が国でスマホを購入する場合、通常は大手キャリア(ドコモやauなど)の通信回線契約とセットで購入します。
いわゆる端末と通信回線の抱き合わせ販売ですね。

このような販売方式はユーザーにとっては、設定などの手間を掛けずにスマホを利用できるというメリットがあります。

一方で、大手キャリア側では販売した端末を自社回線以外では使えないという、いわゆるSIMロックを掛けることでユーザーを囲い込みしているという側面もあります。
例えばドコモで購入したiPhoneをソフトバンクの回線で使おうとして、ソフトバンクのSIMカードを挿しても通信ができません。
このような不自由さが、日本の携帯業界ではまかり通ってきました。

ところ変わってアメリカなどでは、SIMロックが掛かっていないSIMフリースマホが多く流通しています。
SIMフリーというのは読んで字のごとくSIMロックが掛かっていない状態のスマホのことを指しています。
したがってSIMフリースマホでは、特定の通信回線に縛られることなく、複数の通信回線を自由に行き来することが可能なのです。

どの通信事業者でも使える

ということで、SIMフリースマホであればSIMカードを入れ替えることで、基本的にどこの会社の通信回線でも利用することができます。

これは国内のみならず、海外でも同様です。
したがって旅行や出張で海外へ行くことになった時にも、現地のプリペイドSIMなどを挿すことで自分のスマホをリーズナブルに利用することができます。
当サイトでも海外での利用方法などについて情報提供をしていますので、参考にしてみてください。

以上のような自由度がSIMフリースマホの魅力ですが、購入にあたってはいくつか注意点もあります。
以下で見ていきましょう。

SIMフリースマホを購入する際の注意点

SIMフリースマホは、基本的にどの通信回線でも利用することができます。
しかし通信回線にはそれぞれ異なる通信方式や周波数帯があり、スマホ側で対応していないと通信することができません。

通信方式

スマホ向けの通信方式には、大まかにW-CDMAとCDMA2000という二つの方式があります。
両者の詳細な解説は省きますが、主にヨーロッパや日本で主流なのがW-CDMA、北米や東アジアで主流なのがCDMA2000となっていますね。

日本の大手キャリアでいうと、docomoとソフトバンクはW-CDMA方式でauはCDMA2000方式を採用しています。

世界的に主流なのはW-CDMAであるため、SIMフリーとして販売されているスマホの多くはW-CDMAのみの対応という場合が多いです。
したがってau回線やau回線を利用した格安SIM(mineoなど)を利用する場合は、対応している端末が少ないことに留意しておきましょう。

ちなみにW-CDMAとCDMA2000の両方に対応しているSIMフリースマホとしては、AppleのiPhone6などが挙げられます。

周波数帯

通信方式とともに、通信回線の周波数帯が問題になる場合もあります。

大手キャリアの回線ネットワークは、それぞれに複数の周波数帯に分かれています。
複数の周波数帯を併用することで回線の混雑を緩和したり、電波がまんべんなく届くようにしているのですね。

格安SIMの事業者(MVNO)はこれら大手キャリアの回線を借りて運用しているので、当然ですが周波数帯も同じものを使っています。
以下に主だった回線の周波数帯を挙げておきましょう。

  • Band1(2.1GHz):ドコモ・ソフトバンク・au
  • Band6(800MHz):ドコモ(FOMAプラスエリア)
  • Band8(900MHz):ソフトバンク(プラチナバンド)
  • Band18(800MHz):au(プラチナバンド)
  • Band19(800MHz): docomo(FOMAプラスエリア)

上記リストを見ていただくと、3つのキャリアが同居している周波数帯と、キャリア独自で専有している周波数帯があるのがわかりますね。

複数のキャリアが同居している周波数帯はほぼすべてのスマホが対応していますが、都市部など混雑している場所では繋がりにくくなる場合があります。

キャリア独自で専有している周波数帯は混みあうことが少ないので繋がりやすく、特にプラチナバンドやFOMAプラスエリアと呼ばれている周波数帯は山間部などでも電波が届きやすいと言われています。
しかしこれら専有している周波数帯は世界的にはマイナーな存在で、SIMフリースマホの機種で対応しているものが少ないのが現状です。

特に海外版SIMフリースマホには要注意

そうはいっても、日本国内で正規に販売されているSIMフリースマホを購入すれば、日本の通信回線に合わせた設定がなされているはずなので特に問題はならないでしょう。

注意すべきなのは、Amazonや個人輸入業者を利用して海外で販売されているSIMフリースマホを購入する場合です。
前述のとおり海外版の端末では日本独自のプラチナバンドなどの周波数帯に対応していないものが多く、実用性に欠ける面もあります。
また海外版では日本の技適マークを取得していない端末もあり、使用すると法に触れるかもしれません。
同じメーカーの同じ製品であっても、海外版と国内版で仕様が異なることも多いですから、安易に海外版SIMフリースマホを購入するのは止めておいたほうが無難ですね。

SIMフリースマホの価格はどれくらい?

以前は国内で購入できるSIMフリースマホといえば、iPhoneやNexusなど数モデルに限られていました。
しかしこの数年で格安SIMや格安スマホが急速に浸透してきたためか、SIMフリースマホの選択肢が増えましたね。

大まかに3つに価格帯を分けて、国内で購入できるSIMフリースマホをご紹介していきます。

エントリーモデル(~一万円台)

とりあえず格安SIMや格安スマホがどのようなものかを試してみたい方には、一万円台からのモデルもあります。
これらのモデルは価格は安いのですが、以下に挙げるようにスペックはそれなりになってしまうので高望みはできません。

  • カメラの解像度は500万画素程度
  • メモリは1GB以下
  • バッテリー容量が少ない
  • 3G回線のみ対応で速度が遅い機種も

特にメモリが少ないというのはスマホの動作全般に関わっているため、操作の快適性は損なわれます。

具体例としてはfreetelというメーカーが販売しているpriori 2 LTEなどが挙げられるでしょう。

LINEなどのSNSや、ちょっと文字中心のインターネット閲覧をする程度なら十分に使えるレベルだと思います。

がっつりと動画閲覧をしたい方などにはオススメできないですが、子どもに安価なスマホを持たせたいといった方には向いているかもしれません。

ミドルレンジモデル(二万円~四万円台)

このあたりの価格帯になると、かなり実用性が高い機種が多くなってきます。
コストパフォーマンスが非常に高いため、初めてSIMフリースマホを購入する方はミドルレンジモデルをおすすめします。

  • カメラの解像度は500万画素超
  • メモリは1GB~2GB
  • バッテリー容量はそれなり
  • ディスプレイもHD画質で良い

このようにいろいろなアプリを使ったり、動画サイトを閲覧したりといった使い方でも十分なスペックを持っています。

代表的なものでは、ASUSのZenFone 5でしょうか。

後継機種が既に発売されているので型落ちモデルになってしまうのですが、クアッドコアのCPUや2GBのメモリなど、高いスペックを持っているSIMフリースマホです。
ドコモ系の格安SIMであればほとんど対応していますし、値下がりしていることを考えれば、かなりお得だと思いますよ。

ちなみにこのZenFone 5は国内版と海外版とがありますが、海外版の方は前述した日本国内の周波数帯に合わせた設定を行っていないので、あまり実用的ではありません。
価格が安いという理由だけで、海外版を購入するのは避けたほうが無難です。

高級モデル(5万円以上)

このクラスになるといわゆるフラッグシップ機ですから、価格もそれほどお得というわけではないですね。
大手キャリアで販売されている最新の機種と、同等のスペックを持っています。

  • カメラの解像度は800万画素以上
  • メモリは2GB~4GB
  • バッテリー容量も十分
  • 最新のAndroidに対応

このレベルであれば、どのような使い方でも満足できる性能がありますね。
具体例としては、ASUSのZenFone 2やGoogleのNexus 6など。

ただこのレベルになると購入費用が大きな負担となり、格安SIMで運用する最大のメリットである「コストパフォーマンス」という点で劣りますね。

高性能なスマホを格安SIMで利用したいということであれば、後述する大手キャリアの白ロム機を購入したほうが安く済みます。
最近では大手キャリアもSIMロック解除の手続きをしてくれますので、白ロムをSIMフリー化することも可能ですしね。

大手キャリアスマホ(白ロム)

世間一般で格安スマホというと、新規にSIMフリースマホを購入しなければならない、と誤解されていることが多いようです。
しかしそのようなことはなく、ドコモなどで販売されているスマホをそのまま使って、格安SIMで運用するということも可能なのです。
今現在使っているスマホをSIMを挿し替えるだけでリーズナブルにスマホを使えるというのは、導入するまでのハードルも低いですね。

また最新機種を使ってみたいという向きにも、Amazonなどで新古品を購入することもできます。

白ロムってどんなもの

「白ロム」と呼ばれるスマホは、いわゆる大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で発売されたスマホの中古品・新古品のことを指します。
普通に利用されていたスマホが中古市場に流れたり、キャッシュバック目的でMNPした結果として使用されていないスマホが新古品として流通したりしています。

ちなみに購入時に一括払いしていたり、分割払いでの支払いが完済しているものが白ロムと呼ばれ、他のSIMを挿して使うことができます。
しかし分割払いで支払い残額が残っているような端末は「赤ロム」と呼ばれて、販売元のキャリアによって利用制限が掛けられています。

もし赤ロムを購入してしまうと、格安SIMを挿して使用したいと思っても通信ができません。
オークションなどで流通しているスマホの一部にはこうした赤ロムが含まれていますから、購入する際には注意しましょう。

どのキャリアの白ロムを使うべきか

では格安SIMで運用するのに適した白ロムは、どのようなものでしょうか?

結論としては、ドコモが販売している端末を利用するのが無難にオススメです。

第一に、ドコモは日本国内で一番普及している携帯キャリアであるため、白ロムも豊富に流通していて手に入りやすいということ。

第二に、ほとんどの格安SIM事業者(MVNO)はドコモの通信回線を借りて運用しているため、ドコモの端末と親和性が高いことが理由として挙げられます。

当サイト管理人も、ドコモのXperia Z3 CompactにDMMモバイルのSIMを挿して利用しています。
→Xperia Z3 Compact SO-02Gは、iPhone6に負けないスペック

ソフトバンクの白ロムについて

ソフトバンクの通信回線は前述の周波数帯を見ていただければわかりますが、ドコモの周波数帯とほぼ同じです。
したがって一見するとソフトバンクの白ロムに格安SIMを挿せば、ドコモ回線でも通信できそうな気もしますね。

しかしソフトバンクの端末にはSIMロックが掛かっており、そのままでは他社の回線で通信することはできないのです。

一方ソフトバンクでも今年の春から一部の機種で、SIMロック解除に対応することになりました。

  • AQUOS CRYSTAL 2
  • AQUOS Xx
  • Xperia™ Z4
  • Galaxy S6 edge
  • BLADE Q+
  • 301F
  • 201HW
  • 009Z
  • 008Z

異常がSIMロック解除に対応している機種のリスト(2015年8月現在)ですが、かなり少ないことがわかりますね。
SIMロック解除の手続きには別途費用も掛かりますし、あえてソフトバンクの白ロムを選ぶ理由というのは少ないのではないでしょうか。

auの白ロムについて

auの通信方式はCDMA2000という、他社と異なる規格であるというのは前述のとおりです。
したがってauの白ロムはたとえSIMロック解除したとしても、ドコモ回線の格安SIMで利用することができません。

しかし一部のMVNOではauの通信回線を借りて運用しており、それらの格安SIMを使う場合にはauの白ロムが対応しています。

現在mineoとUQ-mobileの二社で、auの白ロムを使うことができます。
しかしauの白ロムなら全ての機種が使えるということではないですし、一部機能制限などもあります。
詳細は各社の動作確認端末の情報ページをご覧ください。

おすすめできる白ロム端末

それでは当サイト管理人が実際に使ってみて、おすすめできる白ロムをご紹介したいと思います。

Xperia

スマホ黎明期から人気があるSony EricssonのXperiaシリーズですが、最近ではドコモでiPhoneを販売していることもあり、日本国内ではやや苦戦しているようです。
しかし性能としては劣るものではないですし、AndroidのOSも随分と使い勝手が良くなりました。

ということで当サイト管理人も、前述したようにサブ機としてドコモのXperia Z3 Compact(SO-02G)にDMMモバイルのSIMカードを挿して利用したいます。
最近のハイスペックスマホには珍しい小型機なので、ジョギングのお供としてもベストであると思いますね。

このXperia Z3 Compact(SO-02G)とXperia Z3(SO-01G)はともにハイスペックな良い機種であると思うのですが、なぜか今ひとつ人気が出なかったため、大量に投げ売りされていました。
したがって白ロムの流通量も多く、リーズナブルな価格で入手することができます。

iPhone

何だかんだと言われつつも、一番人気のスマホはiPhoneですね。
管理人もメイン機としていますが、使い勝手やアプリの豊富さで手放すことができません。

ドコモ版iPhone

IIJのようなドコモ系MVNOの格安SIMであれば、iPhone 5s以降のドコモ版iPhoneは問題なく利用できます。
iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

しかし可能性は低いですが今後のiOSのアップデートなどにより通信できなくなるリスクもありますので、ご注意ください。

ソフトバンク版iPhone

ソフトバンク版のiPhoneはSIMロック解除の対象外ということで、格安SIMを利用することはできません。

au版iPhone

iPhone5以降のau版iPhoneを格安SIMで利用する際は、iOSのバージョンに注意しましょう。
古いバージョンのままの端末であればデータ通信も可能なのですが、iOS8などの最新バージョンの端末では通話のみでデータ通信ができないのです。

いったんバージョンアップしたiOSは元に戻すことは不可能なので、au版iPhoneを格安SIMで使おうと思っている方はバージョンアップは避けておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長々と書いてしまいましたが今回お伝えしたかったことは、格安SIMを導入するにはそれほどハードルは高くないということです。
今使っているドコモのスマホを流用することで、毎月の支払いを抑えることが可能です。

ぜひ格安SIMを使って節約生活を送りましょう。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)