もはや定番?海外渡航時のWifiレンタルで常時接続

Pocket

海外旅行でWi-Fiレンタルを活用しよう

海外旅行でWi-Fiレンタルを活用しよう

数年前までは海外旅行をする時には「数日間連絡がつかなくなるよ」「緊急の連絡先としてホテルの電話番号を教えておくね」など、海外=日本との連絡が取りづらいということが前提でした。

しかし近年ではスマートフォンが急速に普及し、一般的な旅行先の国であれば日本にいるのと同じように連絡が取れるようになりました。
更にスマートフォンを利用すると出先で調べものをしたり、SNSサイトへの写真付投稿など以前よりも旅行の楽しみ方が広がっています。

海外でスマートフォンを使うにはどのような機器や契約が必要なのでしょうか。
今回は一番手軽に利用できて人気のあるWi-Fiレンタルについて詳しく見ていきましょう。

そもそも海外での通信サービス、どんなものがあるの?

海外でスマートフォンを利用するには、今回取り上げているWi-Fiルータ機器のレンタルサービスの他にも、日本で利用している携帯キャリア(DocomoやSoftBankなど)の海外ローミングや海外パケットし放題サービスを利用する方法、そして海外に対応しているSIMを使うという手段もあります。
それぞれのメリットとデメリットを簡単に見ていきましょう。

Wi-Fiレンタル

メリット

ほとんどが定額制で、高額請求などを気にせず安心して利用できる。
1台のルーターに対して、複数のスマホで利用できる。また、スマホに限らずタブレット端末やノートPCでも使用可能。

デメリット

携帯電話自体の通話機能は利用できない。(Skypeなどのアプリを利用すれば通話は可能)
事前の申込や機器の受取、返却が必要となる。また渡航中に機器を破損・紛失すると損害賠償を要求される。

日本の携帯キャリアの海外ローミング、海外パケ放題

メリット

携帯各社のプランに加入していれば、特別な手続きや機器などは不要で渡航先にてスマホが利用できる。

デメリット

各社定額プランがあるが、それらは割高で通信速度も安定していない。
また誤って現地の提携外通信業者に接続してしまうと高額な利用料金がかかるので注意が必要。

海外対応のSIM

メリット

SIMカードを差し替えて利用するので、高額請求などを気にせず安心して利用できる。
別途ルーター機器などが不要なので渡航先で身軽に行動が可能。料金も割安。

デメリット

SIMの差し替えにはSIMフリーのスマートフォンが必要となる。
現在日本の主要携帯キャリアのスマホはSIMロックされており、解除サービスもあるが有料である。

Wi-Fiレンタルの流れ

  1. サービス申込
  2. ルータ機器の受取り
  3. 渡航、利用
  4. 帰国、ルータ機器の返却

利用料金の支払は、申込時に行う場合と利用後に行う場合があり、サービス各社によって異なります。

どんな会社、サービスがあるの?

近年、スマホの普及と共にWi-Fiレンタルを行う業者も増えてきました。
各社、基本的な流れやサービスは同じですが、料金やプラスαの付加価値を付けてライバル各社との差別化を図っています。
例としていくつかサービス業者をご紹介します。

エクスモバイル

業界最安値とアピールしているだけあり、料金は格安に設定されています。
また対応国も170ヵ国と世界中での利用が可能です。
高速通信(LTE)に対応している国もアメリカ(ハワイ含)やオーストラリア、韓国、台湾をはじめ10ヵ国にも及びます。
返却にポスト返却を導入しているのもポイントです。

イモトのWi-Fi

海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi

“珍獣ハンター”の愛称で世界各国を飛び回っているイモトアヤコさんがイメージキャラクターを務めるサービスです。
様々なキャンペーンに力を入れていて、賢く利用すればお得に利用することができそうです。
また海外Wi-Fi初心者にもおすすめで、海外から相談できる24時間365日のサポート体制があるのもポイントです。
ホームページもとてもわかりやすく、様々なコンテンツも面白いです。

U.S. データ[U.S. DATA]

アメリカ国内専用のWi-Fiレンタルサービスで、アメリカ大手通信会社 Verizon社の回線を利用しているので国内全土で安定した通信を利用できるのが魅力です。
機種のスペックにも自信をもっていて、小型軽量に加えバッテリーが長持ちするのも嬉しいポイントです。

同じ会社で韓国旅行向けの≪韓国Wi-Fi≫ というWi-Fiレンタルサービスもあります。

上記のように各社で打ち出しているキャンペーンやオプションプラン、強みが異なるので、ご自身の渡航先や状況に合わせたサービス業者を選ぶと良いと思います。

せっかく海外に行くのであれば、思う存分楽しみたいですよね。

Wi-Fiルーターが手元にあれば観光スポットやレストランの検索、地図を利用したルート検索、そしてFacebookやTwitterをはじめとするSNSの利用などによって充実した渡航になることは間違いありません。
またSkypeやLINEなどを利用して日本の家族や友人とも連絡が取れるので安心です。
もはや定番となりつつある海外Wi-Fiレンタル、次回の海外への渡航時には検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)