モンスター級SIMフリースマートフォン「ZenFone 2」:驚異のスペック&購入方法

Pocket

台湾のITメーカー「ASUS」は、低価格で品質が高いパソコンを作っていることで有名です。
最近ではモバイル機器にも相当な力を入れていて、昨年に発売された格安SIMフリー端末「ZenFone 5」は大きなヒットとなりました。

この5月にZenFoneの最新機種である「ZenFone 2」が国内発売されることとなったので、詳しくご紹介していきますね。

ZenFone 2のスペックはたしかにスゴイ

格安SIMフリースマホというと、低価格ですがスペックもそこそこという印象が強いですね。

しかしこのZenFone 2は、他社のフラッグシップ機にも負けない高スペックがウリとなっています。

インテル製CPUがスゴイ

Zenfone 2では、データ処理の心臓部であるCPUに、Intel Atom Z3560/Z3580(1.8/2.3GHzクアッドコア)を採用しています。

Intel Atomは通常タブレットやノートパソコンに搭載されているCPUで、当然ながら非常に高性能。
これが日本発売のスマホとしては、初めて採用されています。
しかも64ビットなので、すべての処理が高速化されますよ。

メモリ最大4GBがスゴイ

メインメモリが2GBまたは4GBで、これも並みのタブレット機を凌駕しています。

つい昨年にメモリ1GBのタブレットを買ってがっかりしていたことを思えば、雲泥の差ですね。

OSも最新のAndroid 5.0が入っています。

デュアルSIM対応がスゴイ

SIMフリー機なのは当然ですが、MicroSIMカードを二枚まで挿入できます。

したがって音声通話用とデータ通信用のSIMを使い分けたり、海外旅行の際に現地のプリペイドSIMカードを入れたり、といったことが手軽にできるのが良いですね。

ZenFone 2を購入する方法

ZenFone 2は5月16日に発売予定。
おそらく相当な人気になることが予想されるので、あらかじめ予約しておくのがベターでしょう。

大手キャリアでは発売されないので、単体で購入するか、MVNO回線とセットで購入する必要があります。

単体で購入する方法

ASUSの公式オンラインショップ「ASUS ZenFone Shop」で購入することができます。
今は以下のキャンペーン中です。

【数量限定】ZenFone 2とFlip Cover同時予約購入でZenPowerプレゼント
【期間限定】ZenFone 2購入でもれなくIIJmio音声通話パックプレゼント

-引用元:ASUS ZenFone Shop

特に「IIJmio」は当サイトでも一押しのMVNO回線なので、お試しに使ってみたらいかがでしょう。 

 

また国内版にこだわらないということであれば、香港のオンラインショップ「EXPANSYS」でリーズナブルな価格で購入することができます。
通常の海外のショップだと言葉の問題がありますが、この「EXPANSYS」は完全日本語対応なので安心できますよ。

私も以前にXperiaのSIMフリー機を「EXPANSYS」で購入しましたが、問題なく使うことができました。

ただし海外版のスマホは技適承認されていない場合もありますから、ご利用は個人の責任でお願いします。

 MVNO回線とセットで購入する方法

現在のところ、ZenFone 2.を取り扱っているMVNO事業者は、niftyが提供する「NifMo」と楽天グループの「 楽天モバイル 」です。

NifMoは割引&キャッシュバックあり

NifMoの端末セットでは、ZenFone 2のメモリ2GB版が発売予定です。
端末の価格は、一括で37,778円(税抜)。

分割払いで計算しても、以下のように月々3,000円(税抜)未満で利用できますね。

基本料金 1,600円
端末分割払い 1,575円
機器セット割 ▲200円
合計 2,975円

今なら5,000円キャッシュバックのキャンペーンもやっていますので、かなりお得です。

楽天モバイルは上位モデルもあり

楽天モバイル では、メモリ2GB版に加えて4GBの上位モデルも購入することができます。

メモリ2GBのモデルは一括払い35,800円・分割払い1491.6円ですから、機種代金だけみるとNifMoより若干お安くなります。
先ほどと同様に月額費用を試算してみると、

基本料金 1,600円
端末分割払い 1,491円
合計 3,091円

NifMoと比較すると月々の割引がないため、トータルコストでは高くなりそうです。
ただ楽天スーパーポイントが付くので、楽天市場のヘビーユーザーはお得になるでしょう。

 

メモリ4GBの上位モデルは一括払い45,800円となっています。

まとめ

SIMフリー義務化により、国内でもSIMフリースマホの選択肢が増えてきました。

高額な大手携帯各社の通信料を抑えたいという方には、より良い選択肢となるのではないでしょうか?

 

Pocket

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)